就学前早期教育がスクールレディネスには必要

アメリカでは、幼稚園や小学校入学前である乳幼児の段階で、スクールレディネスとして、入園・入学後に新しい環境、生活、学習などに適応するための早期教育の重要性についての記事が増えている。連邦政府、州政府、地方自治体などと協力して、教育やキャリア開発、社会サービスなどのコンサルティングを行う企業マンハッタンストラテジーグループは、就学前教育についてのレポートを発表した。

特集
MSG

就学前の教育とは何か?

就学前乳幼児教育の定義

アメリカにおける「就学前乳幼児教育」とは、出生から幼稚園期の乳幼児に対する教育を意味している。スクールレディネスとして、教育の目標は、乳幼児における、身体的発達、社会、感情的発達、言語発達、学習姿勢(粘り強さ、好奇心など)の形成、認知的発達と知識の習得(問題解決能力、計算など)を促すことである。アメリカ教育目標検討委員会(National Education Goals Panel)による定義であり、詳細な内容は地域や教育プログラムにより異なる。

就学前乳幼児教育の有効性

就学前乳幼児教育が子どもの将来に影響を与えることを示す研究成果が発表されている。幼稚園入園段階で、認知、コミュニケーション、読み書き、算数について高いスキルを有する子どもは、学年が上がっても、良い成果を収める可能性が高いという。また、社会的スキル、自己管理スキルなどは、大学に進学し学位を取得する、収入の安定した仕事を得るなどといった将来の成功に繋がることも示されている。


教育の複雑性を認識する

就学前乳幼児教育の複雑性

就学前乳幼児教育の成功には、当事者である子ども以外にも、就学先となる学校の整備や、子どもを取り巻く家族、社会の協力が不可欠である。このように、就学前乳幼児教育は、様々な要素が絡み合う複雑な教育概念であるため、すべての乳幼児に対して完全な教育を施すことは難しいとされる。

有効なアプローチ

しかし、教育状況の改善は可能である。就学前乳幼児教育の複雑性を考慮し、子ども、教育サイド、家族、社会の各側面から総合的なアプローチを実施することで、大きな成果が期待できる。このような視点に根差した取り組みの代表例としては、“Head Start” プログラムが挙げられる。同プログラムでは、就学前乳幼児教育において、「子どもは就学する準備をし、家族は子どもの学びをサポートする準備をし、学校は子どもを受け入れる準備をする」ことが重要であると提言している。


何が、なぜ必要か

家族を含めた支援

あらゆる家庭において、乳幼児に対する質の高い教育を実施できるよう支援する必要がある。低所得者層の家庭を含めたすべての家庭において、高品質の教育プログラムを利用できるようにする取り組みである。
これまで、国、州、その他の地方公共団体など各行政機関が、3~4歳の子どもを対象としたプログラムの利用機会を創設すべく、イニシアチブを発足させている。50年以上前に発足して以来、継続的な更新と強化がなされている国家プロジェクト “Head Start” は、このような取り組みの代表例である。
比較的新しい取り組みとしては、“Preschool Development Grants”(貧困家庭の4歳児を対象とした新たな教育プログラムの作成や、既存の教育プログラムの改良を実施)が挙げられる。また、これらの他にも、多くの州や地方公共団体が、3~4歳児を対象とした就学前教育プログラムに出資をしている。

教育開始時期を早める

就学前乳幼児教育は、出生時から始まると言っても過言ではない。教育開始時期を早めることが学習成果の最大化に繋がることを示唆する研究成果が、神経科学の分野で得られている。
脳は、発達初期、3歳まで時期において、大人の2倍の数のシナプスを形成する。この時期には、シナプスは、生涯で最も速い速度で構築される。経験が刺激となり、脳の構築を促すのである。すなわち、この時期、有意義な経験により刺激された脳は健全な発育を遂げるが、経験の質が悪ければ、それがストレスとなり、発達過程の脳の構造に悪影響を与える。

脳の柔軟性を考える

脳の柔軟性は年齢とともに低下するため、発育初期の脳に良い刺激を与え、健全な発育を促すことが効果的だ。質の高い就学前乳幼児教育とは、乳幼児に対し、できるだけ早い段階で適切な学習体験を提供することを意味する。これにより、乳幼児は、就学前の段階で、認知的、言語的、社会的、感情的発達の基礎を十分に築くことができる。
“Early Head Start”と“Head Start Child Care Partnership” の両プログラムは、子どもと家族を取り巻く社会全体の連携のもと、質の高い学習を実現することを目指している。また、出生から5歳までを対象とした “Preschool Development Grants” は、教育開始時期に留意した取り組みであると言える。

広告 

PAGE TOP