【KEYWORD】学校教育も個別化(最適化)の時代へ

これまで行われてきた学校教育は、教室の中に集めた生徒全員に向かって教師が解説を聞かせ、定期テストによってその効果を確認する、というだけのものだった。しかし、生徒一人ひとりに個性があるように、その学習能力や得意科目、モチベーションもまた千差万別であり、同一に扱っていいものではない。一方で、そうした学校教育が今、デジタル化をきっかけに変わろうとしているのも事実だ。個人に寄り添った指導が実現することを期待したい。

学習管理システムで個別化を実現する

教育の個別化には、基幹となるシステムが必要不可欠だ。LearningMate社の学習コンテンツ管理システム “FROST” は、教材や資料などのコンテンツを一括して管理することで、生徒一人ひとりの進度や理解度に合わせた教育をサポートしている。AvePoint Japan 株式会社でも、高等教育向けのSaaSソリューション “EduTech” を提供しており、こちらは複雑なオンライン学習環境を統合しつつ、生徒の興味やニーズに寄り添った学習過程を実現しているのが特徴だ。

個別化が生み出すユニークな教育スタイル

Elevate K-12社のライブ配信授業サービス “QZ” は、クイズによって生徒のデータを収集し、授業中のリアルタイムな分析を行う。これにより教師は、生徒の状況に合わせて進度を調整したり、個別に指導を行うといったことが可能だ。また、個別化された教育を行っているオンライン制高校Excel High Schoolでは、プライベートパイロットやドローンパイロットを目指すためのコースを新たに開始しており、生徒は自分のペースで免許取得に向けた学習を進めることができるようになっている。

生徒に寄り添うことで教育現場をより良いものに

教育の個別化がもたらすのは、学習の効率化だけではない。Beable Education社は、読み書き能力を養うシステム “Beable” を提供することで、能力の問題や言葉の壁に悩まされている生徒でも、自身の目標に向けて学力を伸ばすことを可能にしている。そして、Edv Future株式会社の成長支援サービス “Edv Path” は、生徒一人ひとりの非認知能力を分析し、最適なコーチングを提案できる点が評価され、経済産業省のEdTech導入補助金にも採択されている。

KEYWORD 一覧

広告 

PAGE TOP