【ピックアップ情報コーナー2021.12.31】

learningBOX

【日本】ほとんどの企業は研修内容を毎年変更している

◆日本の株式会社龍野情報システムは、人材教育の悩みに関する調査を、企業の研修担当者を対象に実施した。本調査で見えてきたのは、社内研修に力を入れて取り組みたい担当者側と、モチベーションに欠ける受講者側との温度差だ。◆

株式会社龍野情報システムの調査の結果、7割以上の企業は社内研修に重点を置いており、外部研修をメインにしている企業は少数であることがわかった。なお、研修の内容については、毎年変更を行っている企業が多数派であり、「人間として成長するだけでなく、社会変化に対応できる人材育成をするべきだ」という考えが主流であることが読み取れる。

一方で、研修における悩み事についての質問では、「社員のモチベーションが低い」「研修の成果がわからない」「研修のための人材育成に手が回らない」など、様々な課題も寄せられた。そこで、意義のある研修を行うために必要なものを聞いたところ、研修プログラム・教材の充実が重要であるという回答が最も多かった。

株式会社龍野情報システムは、eラーニングに必要な機能をすべて揃えた学習管理システム “learningBOX” を提供している企業だ。同社は今回の調査結果について、研修担当者は無駄な作業時間を省いたうえで、内容や企画の改善に取り組む必要があると述べている。

【企業サイト】株式会社龍野情報システム

 
 

ENGLEADMgr

【日本】英語コーチングアプリで学習効率最大化

◆日本の株式会社Morrow Worldは、同社が展開するオンライン英語コーチングサービスの受講者を対象として、学習に係る無駄な手間を省きつつ、学習効率を最大化するアプリケーション “ENGLEAD Mgr”(イングリード・マネージャー)をリリースした。◆

“ENGLEAD Mgr” では、従来の英語コーチングサービスでみられる、学習者からコーチへのチャット・メール・サードパーティー製アプリを介した学習報告の手間を省くことができる。同アプリ上でコーチが学習カリキュラムを示し学習者は開始ボタンを押すだけという、簡潔なフローを実現している。コーチングサービスの利用者は多忙なビジネスパーソンが多いことから、無駄な操作や手続きを省きたいという声が挙がり、今回のアプリ開発につながった。

また、同アプリには、毎週行うテストの結果を基に学習者の取り組みを解析し、課題の特定や目標設定を行う仕組みが組み込まれている。さらに、あらかじめ定めた学習目標に対しどれだけ達成したのか、ホーム画面から一目で確認することもできるため、学習のモチベーション維持に役立つ。

株式会社Morrow Worldは、日本、オーストラリア、フィリピン3か国を中心として、英語学習支援と海外留学斡旋英語コーチング、海外留学などに関わる事業を展開している。

【サービスサイト】ENGLEAD

 
 

DreamDriven

【日本】小学校でキャリア教育が導入されるも認知度は低い

◆日本の株式会社ミライメイクは、キャリア教育に関する調査を、6歳から9歳までの子供を持つ保護者を対象に実施した。日本の小学校は、2020年度からキャリア教育を本格導入しているが、保護者にはほとんど知られていないのが現状だという。◆

株式会社ミライメイクが実施した調査の結果、9割以上の保護者は「これからの時代は新しい形の教育が必要だ」と考えていることがわかった。その理由について聞くと、「常識・価値観が変化している」「求められる知識・スキルが違う」「人生の選択肢に多様性がある時代になっている」といった意見が多く寄せられた。

また、キャリア教育導入に対する期待についての質問では、勉強への意欲や、コミュニケーション能力の向上を求める声が多かった。しかしながら、親子間で話し合いが十分に行われていなかったり、キャリア教育そのものの認知度が3割に満たなかったりと、家庭内だけでも多くの課題が残っていることが見て取れる。

株式会社ミライメイクは、親子で将来を話し合う時間が長いほど、子供の学習意欲向上につながる可能性を指摘しつつ、オンライン授業を通じたキャリア教育を提案している。同社が運営する “Dream Driven” は、子供の夢をサポートするためのキャリア教育オンラインスクールだ。

【サービスサイト】最先端キャリア教育オンラインスクール『Dream Driven(ドリーム ドリブン)』

 
 

TeachmeBiz

【日本】マニュアル管理システムで人材育成体制を構築

◆日本の株式会社WOWOWコミュニケーションズは、マニュアル作成・共有システムの “Teachme Biz” を導入し、多拠点コンタクトセンターでの人材育成効率化を実現したと発表した。本システムは、株式会社スタディストが提供を行っている。◆

“Teachme Biz” は、企業のマニュアル作成にかかる時間を大幅に削減することで、生産性を大きく向上させることができるソリューションだ。さらに本システムを導入すれば、人材育成の効率化や顧客満足度の向上など、様々な成果を実現することも可能となっている。

株式会社WOWOWコミュニケーションズでも、本システムを活用することにより、入社時の研修内容をビジュアル化しつつ、これまで個人差があった新人コミュニケーターのスキルを、均一化する体制を構築できたという。加えて、クライアントごとに異なる業務内容も資料で確実に共有できるだけでなく、複数の拠点で分担して業務を行う場合でも、マニュアルによって対応内容を統一しているとのこと。

また、社内で手順書作成コンテストを実施することにより、本システムの活用を推進しつつ、新たなコミュニケーションの構築を促す、といった取り組みも行われている。さらに今後は、20年以上かけて蓄積されたノウハウのマニュアル化や、現場教育を行うトレーナーの育成も進められる予定だ。

【サービスサイト】Teachme Biz

広告 

PAGE TOP