【日本】最先端のVRアクティビティーで校内で遠足を可能にする

日本の株式会社ロジリシティは、コロナ禍で修学旅行や遠足へ行けない生徒のために、VRコンテンツ “どこでもバンジーVR” と “絵画VR” の提供を発表した。これらのコンテンツは、同社が株式会社キャドセンターのVR開発協力によって製作した移動式の体験型VRアトラクションである。

ICT
logilicity

株式会社ロジリシティと株式会社キャドセンターは、西東京市立明保中学校が開催する校内イベント “外へ行かない遠足” に、VRコンテンツの提供を行うことを発表した。“外へ行かない遠足”は、校外学習の機会が失われてしまった生徒に笑顔を届けたいという想いから、同校が企画を行ったイベントだ。

今回、同イベントで提供される “どこでもバンジーVR” は、3DCGによる東京都庁の屋上からバンジージャンプする体験を、仮想空間と身体の反転によってリアルに体感できるコンテンツとなっている。“絵画VR” は、葛飾北斎の浮世絵やベクシンスキーによって描かれた作品の世界に入り込むことができる。浮世絵では写真に近い質感を追求して作品世界への没入感を高める、ベクシンスキー作品では360°視点を移動させてユーザーが映像を体験するなどのコンテンツが用意されている。

“外へ行かない遠足” では、複数のコンテンツを準備して、出張授業方式で学校内において全生徒に提供される。非日常的な仮想空間への遠足における、ICTや美術などの分野におけるVR体験によって学びを深めることができる。

【企業サイト】株式会社ロジリシティ

広告 

PAGE TOP