【アメリカ】企業研修LMSの機能更新

アメリカのMeridian Knowledge Solutions社は、受賞歴のある同社の企業研修学習管理システムである “MeridianLMS®” の最新版をリリースした。最新版は、管理者のワークフローを合理化し、コラボレーションを強化するためのユーザー機能に重点を置いている。

eラーニング
meridian

“MeridianLMS®” 最新版は、Microsoft Teams Virtual Meetingとの統合による、新しいコラボレーション機能を持っている。Teamsでミーティングを行いながら、LMSでイベントを作成する機能によって、職場での日常的なワークフローの中に研修を組み込むことができる。企業の研修努力を支援するために、研修を日常業務の流れに統合することをLMSは目指している。

最新版LMSは、パブリッククラウド、プライベートクラウド、オンプレミスで利用可能だ。他の追加機能としては、再認証を一括で実施する、各種支払いゲートウェイへの対応などが含まれている。特に、電子決済代行サービスAuthorize.Netと統合したことで、支払いやセキュリティのオプションにおける柔軟性が向上している。

同社LMSは、従業員、会員、顧客、パートナー企業など社内や社外において、業務に研修が不可欠である大規模企業が活用しやすいシステムを提供、米国国土安全保障省、ジョンソンコントロールズ、コダックアラリスなどをはじめ省庁や大手企業・団体が導入している。

【企業サイト】Meridian Knowledge Solutions

広告 

PAGE TOP