【ピックアップ情報コーナー2021.10.28】

Kao

【日本】育児支援情報は育児ストレスを軽減できる

◆日本の花王株式会社と立命館大学は、育児に関する共同研究を実施し、9月、その結果を発表した。保護者に対し、日常の育児についての適切な情報提供を行うことで、子どもとのかかわり方や育児ストレスを軽減できることが示された。◆

今回の研究では、試験対象となる母子20組の一部に、育児で推奨される具体的な行動例を示す育児支援情報を提供した。3週間の育児実践期間ののちにおむつ替えの様子をビデオ撮影した。情報を受け取ったグループは、子どもに笑顔で接する、気持ちを伝える、などを3週間実践し、受け取っていないグループは普段通りに育児という状況を比較することで、保護者の笑顔・発話量や育児ストレス(PSI育児ストレス尺度)の変化を調べた。

研究の結果、育児支援情報を受け取ったグループでは、おむつ替え時間における保護者の笑顔回数・発話量ともに増加した。また、保護者につきまとう/子どもの気が散りやすいなど、子どもの特性に起因する育児ストレスと、社会的孤立など、育児中に保護者自身が感じやすいストレスが、ともに減少する結果となった。

花王株式会社はベビー用品開発のための研究として、2018年より、乳幼児の発達を専門とする立命館大学の研究グループとの共同研究を行ってきている。2020年には、おむつ替えにおける保護者の発話が子どもの社会性発達に影響するとの調査結果を発表している。

【発表サイト】育児支援情報による適切なサポートが、親の育児負荷低減の一助になることを確認

 
 

POS

【日本】POSデータの活用を学べる検定試験がスタート

◆日本の公益財団法人流通経済研究所は、POSデータを適切かつ効果的に活用するための検定 “POSデータ活用検定” の実施を発表した。本検定は、小売業のみならず、メーカーや卸売業など、POSデータを活用する幅広い業界を対象としている。◆

“POSデータ活用検定” は、POSデータにまつわる知識・スキルを証明するとともに、その学習機会を提供するための検定試験だ。本検定の勉強をすることにより、POSデータにまつわる基礎知識をはじめ、目的に応じた集計方法の選択や、課題の読み取り・解決など、様々な場面で活躍することができるようになる。

また、分析手法に関しても、POSデータをもとにした業績評価や、データのブレイクダウン、そして仮説の立て方などを学ぶことが可能だ。さらには、店頭施策への応用として、品揃えの見直しを行ったり、販売店舗数を検討したりなど、具体的な取り組みについても学習していく。

“POSデータ活用検定” は、 2021年11月15日から12月12日にかけて実施される予定で、試験形式はオンライン受験となっている。公益財団法人流通経済研究所はこれまでにも、35年以上にわたってPOSデータ活用の研究・教育に取り組んできた。

【検定サイト】POSデータ活用検定

 
 

jollygoodcovid

【日本】防護服の着脱訓練もできる感染症診療VR教材

◆日本の株式会社ジョリーグッドは、感染症患者への処置を教材とした、“感染症診療教育VR” の開発を発表した。COVID-19への対処を含む本教材は、実際の感染症診療病棟を舞台として、同社と愛媛大学によって共同開発される。◆

“感染症診療教育VR” は、医療現場における感染症患者への対処法や、感染管理の基礎知識などを、リアルなVRコンテンツによって学べるようにするVR教材だ。本教材を利用することで、実際に現場で撮影されたCOVID-19患者への処置を術者目線で学んだり、防護服の正しい着脱方法などを訓練することが可能になる。

コロナ禍における感染症対策教育は、座学教育こそ行われているものの、学生が実際の診療現場に立ち入ることはできないため、実践実習が行われていないのが現状だ。そしてなにより、現役の医師や看護師においても、感染症対策の教育は不足しており、医療分野全体として実践的な訓練が求められている。

同社は、感染症診療の実践的な訓練を強力に支援するツールとして、“感染症診療教育VR” の開発を決定したという。今後も、VR臨床教育の “オペクラウドVR” を通じて、全国の大学や専門学校と連携し、医療従事者の育成に貢献していく。

【サービスサイト】オペクラウドVR

 
 

KencoSupport

【日本】ウォーキング支援アプリで健康経営を促進

◆日本のネオス株式会社は、大同生命保険株式会社が提供する “KENCO SUPPORT PROGRAM アプリ” において、ウォーキングに関する新機能の開発を行った。これにより、ウォーキングの習慣化と継続を支援していく。◆

“KENCO SUPPORT PROGRAM アプリ” は、個人の健康管理・健康増進に役立つ様々な機能を提供することで、企業の健康経営を実現するアプリだ。本アプリは、コロナ禍におけるさらなる健康志向の高まりを受けて、健康増進の基本であるウォーキングのサポート機能を実装した。

新機能の一つである健康チャレンジは、1日8000歩のウォーキングを達成することで、健康関連商品の購入に使えるKENCO応援ポイントを獲得できるというもの。なお、ウォーキングの結果は記録として保存されるため、チャレンジの達成状況や平均歩数などを、後から確認することも可能だ。

本アプリでは、これらの新機能に加えて、健康診断の予約・記録や、ストレスチェック、健康リスクの将来予測など様々な機能が搭載されている。また、管理者向けの機能も充実しており、企業全体の健康状況を把握することもできる。

【サービスサイト】KENCO SUPPORT PROGRAM

広告 

PAGE TOP