【ピックアップ情報コーナー2021.10.22】

TerraDotta

【アメリカ】グローバルエンゲージメントを可能にするプラットフォーム

◆アメリカのTerra Dotta社は、大学や短期大学など高等教育機関が、実施している国際的なプログラムを結び付け、新しいグローバルエンゲージメントプラットフォームを発表した。参加する学生データを関連部門すべてで接続し、国内で、また国際的に、留学、異文化学習体験実施などをサポートしていく。◆

同社のプラットフォームは、高等教育機関が求める安全性とコンプライアンスの要件に適合し、学生がどこにいてもエンドツーエンドでアクセス可能な異文化体験の提供を可能にする。国内外のバーチャルな体験学習、研修旅行、留学生プログラムなどまで、一つのプラットフォームで学生データを取得し管理する。

導入によって、留学生の募集や入学後の定着を向上させる、また登録プロセスを合理化する、国内外を問わず、すべての学生に公平な入学機会を提供できるなどを期待できる。また、各国及び近隣地域の安全性を評価し、海外にいる学生のリスクを軽減し安全を確保するために利用できる。

Terra Dotta社のサービスは、世界85か国以上の600を超える大学など高等教育機関において利用され、学生や教員、スタッフに対して、バーチャル及びグローバルな異文化体験を促進している。

【企業サイト】Terra Dotta, LLC

 
 

icbrains

【日本】リアルタイム集計で双方向授業の実現をサポート

◆日本の株式会社ICブレインズは、自社の提供するリアルタイム集計システムにおいて、オンライン・オフライン利用の対応と、その準備サポートの実施を発表した。本システムは、これまでにも授業や講演会で活用されてきた。◆

株式会社ICブレインズが提供する “Socratec SV” は、シンプルな投票用端末を回答者に配ることで、集計結果をリアルタイムでスクリーンに表示できる集計システムだ。学校で同システムを導入すれば、授業後に感想を集計したり、オープンキャンパスの参加者にアンケートを実施したりと、様々なフィードバックを得ることが可能になる。

一方の “Socratec スマホ” は、スマホやパソコンを用いてオンライン経由で投票できるため、コロナ禍の影響で人を集めることができない場合でも、リアルタイム集計を行うことができるのが特徴だ。さらには、スマホならではの機能として、投票者の自由な発言をスクリーン表示することも可能となっている。

同社は、これらの両システムを提供することで、来年度に向けた授業・講演の準備をサポートする。なお、「まだオンラインとオフラインのどちらで開催するのかわからない」という場合でも、両方に対応できるよう支援していく。

【製品サイト】Socratec スマホ

 
 

HenleLibrary

【日本】海外のデジタル楽譜サービスを導入、音楽大学教育に活用

◆日本の国立音楽大学は、高品質の原典版楽譜に定評のあるドイツの楽譜出版社、ヘンレ社が展開するデジタル楽譜サービス “Henle Library Campus Edition” を導入した。アメリカやイギリスの著名音楽大学に続くサービス導入で、日本の大学としては初の試みとなる。◆

同大学の図書館が “Henle Library Campus Edition” と契約したことで、学生・教員はタブレットでデジタル楽譜を利用できるようになった。また、様々な機能を活用することで、楽譜への書き込みによる練習成果の蓄積、オンラインレッスン、楽器演奏では複数の運指を表示、メトローム機能などを利用して、学習することができる。

コロナ禍において、同大学では、学生・教員に対する図書や楽譜の宅配貸し出しを実施していたが、大学側の業務負担の大きさから、昨今は楽譜・図書のオンラインへの移行を進めていた。このオンライン化の一環として同サービス導入により、リモート教育のさらなる内容充実や、指導の円滑化が期待される。今回、同大学ではピアノ専門の学生・教員向けにサービスを開始したが、今後は全学への展開も検討している。

国立音楽大学は、附属図書館が楽譜15万点、図書15万点を含む約40万点を所蔵し、これまでもオンラインデータベースや楽曲・映像配信サービスとの契約を結び、学生が自宅からも楽譜や資料にアクセスできる環境を整備してきている。

【大学サイト】国立音楽大学

 
 

kotoliko

【日本】放課後や長期休みを利用した小学生対象STREAM教育

◆日本の株式会社KotoLikoは、10月、小学生等を対象に、ユニークな英語学習と最新のSTREAM教育を提供するインターナショナルアフタースクール “コトリバ” を開設した。放課後や長期休みの時間を有意義に使いながら、未来のグローバル人材となるための基礎スキルを学ぶことができる。◆

“コトリバ” では、STREAM(科学、技術、工学、ロボット工学、読解力、教養(創造性)、数学を組み合わせた最新の教育手法)に語学学習、運動を加えた独自のカリキュラムを提供する。特に、英語教育に関しては、理数科目や脳科学に基づく育児法との複合プログラムなど、多彩なアプローチを取り入れている。

カリキュラムには、算数オリンピック、思考力検定、学校レベルの模試等、数学的な課題を通して頭の柔軟性、対応力、空間認識力を養うプログラム、シリコンバレーとのパートナーシップのもと、コーディングの基本概念、関数、変数などを学び、実際にアプリなどを作成する最先端のプログラム、身のまわりの問いに対して自分の考えを表現したり、他の子とディベートをすることで、思考力、傾聴力、共感力などを養う哲学プログラム、簡単な英語を使って理科実験を楽しみながら、観察・分析・仮説・実験・検証のサイクルを身に着けることができるプログラムなどが含まれている。

株式会社KotoLikoは、教育コンサルティング、語学教室経営、教材制作などを手掛けている。

【サービスサイト】インターナショナル・アフタースクール「コトリバ学芸大校」

広告 

PAGE TOP