【ピックアップ情報コーナー2021.9.30】

LinkedIn

【日本】講座の視聴データから見る日本の傾向

◆日本のリンクトイン・ジャパン株式会社は、eラーニングプラットフォーム “LinkedInラーニング” における、視聴時間トップ10の人気コースを公表した。本プラットフォームは、200以上の国や地域で、7億7400万人を超えるユーザに利用されている。◆

“LinkedInラーニング” は、人事、採用、マーケティングなどの様々な分野で、世界のプロフェッショナルをつなぐことにより、生産性の向上と成功を実現するプラットフォームだ。本プラットフォームは現在、コロナ禍による視聴時間の増加が続いており、特にフィリピンでは前年比で127%増という飛躍的な数値を記録している。

今回行われた集計により、日本では昨年同様に「クリティカルシンキング」や「判断力の高め方」などのビジネススキル関連の人気が高いことがわかった。ビジネス英語によるメール作成や、Microsoft Teamsに関するコースなど、仕事の現場で使える即戦力を養うような講座の人気が高いことも、日本ならではの特色と言える。

一方、グローバルなランキングに注目すると、職場の公平性や多様性に関するものが人気だが、これはBlack Lives Matterなどの社会運動が影響しているという。なお、今回公表された上位10コースは、2021年10月15日まで無料提供が行われる。

【サービスサイト】LinkedInラーニング

 
 

SEO

【日本】SEO検定で自社サイトの価値を高める

◆日本の一般社団法人全日本SEO協会は、検索エンジン最適化技術を認定する “SEO検定” の開催を発表した。本検定により、社内の一人ひとりのSEOスキルを高め、企業としての集客力向上を実現することができるようになる。◆

“SEO検定” は、検索エンジン最適化のスキルを点数化し、自分の技量を証明するための新資格制度だ。本検定は、4級から1級までグレード分けされているため、これからSEOを身につけたいという初心者でも、公式テキストに沿って本格的な技術を学ぶことが可能となっている。

また、これまでのSEOは、個人のスキルに依存する部分が多かったが、著作権法やGoogleのガイドラインに違反して、罰則を受けるケースも相次いでいたという。そこで本検定では、より多くの企業が正しい方法でサイトの価値を高め、新規顧客の獲得を実現できるようにすることを目的としている。

さらに本検定は、これから社内でWebチームを育てたいという企業や、これからWebサイト担当者を目指したいという個人にも有用だ。そして、試験の開催エリアについても、全国10か所に加えて、将来的にその他地域にも拡大予定とのこと。

【資格試験サイト】SEO検定

 
 

PHortify

【日本】ブレンディットラーニングで英語力・チーム力を強化

◆日本の株式会社フライトは、企業における英語力とチーム力を同時に強化するためのオンライン英語研修 “PHortify” をリリースした。パーソナルレッスン、自主学習、グループレッスンの3つを組み合わせたブレンディットラーニングの研修として、注目を集めている。◆

“PHortify” のパーソナルレッスンでは、担当の講師とカウンセラーが、学習者のレベルや目的に合ったレッスンを提供する。自主学習では、レッスンの振り返りノートやeラーニングプログラムなどを活用しながら、各自の学びの定着を図る。不明な点は、公式LINE経由で講師やカウンセラーに質問することができる。

また、グループレッスンでは、プレゼンテーション、ディスカッションなどを取り入れたビジネス講座と、学習者同士が交流する日常英会話レッスンが開講される。社員同士の交流、チーム力の強化を促しながら、英語力の底上げが可能だ。本研修は、既に国内大手企業でも導入実績があり、受講者からは、講師の教え方が上手でコミュニケーションもとりやすい、定期的なアセスメントやカウンセリングで自分の課題が明確になった、等の声が寄せられている。

株式会社フライトは、フィリピン式英語学習を軸としたパーソナル英会話スクールの運営、フィリピンへ進出する企業向けのコンサルティングなどの事業に取り組んでいる。

【サービスサイト】PHortify

 
 

Click

【日本】ノーコードツールを3ヶ月で使いこなす開発レッスン

◆日本の株式会社ママン東京は、NoCode Japan株式会社が提供するノーコードツール “Click” を活用した、アプリ開発オンラインレッスン “Nocode Career” を 開講した。レッスンはZoomを通じて受講可能で、受講者からの質問も24時間受け付けている。◆

“Click” は、ソースコードを書くスキルが無くても、簡単にアプリを開発して業務を効率化できる日本製ツールだ。企業だけでなく、ワークショップや大学・高校の授業でも利用されている本ツールだが、現在も新たな機能追加が続けられていることから、最大限に活用するためには知識の習得も必要となっている。

株式会社ママン東京は、同ツールの使い方を学べるオンラインレッスン “Nocode Career” の提供を通じて、SNSアプリや出前アプリ、クーポンアプリなどを自力で開発できるようになるためのサポートを開始した。そして、3ヶ月の講義を受けた後は、メーカー公式の技能認定に合格することで、就職・転職活動に活かすこともできる。

なお、現在は第1期レッスンが行われているが、10~50代の幅広い希望者から応募が集まり、定員を上回ってたため、既に第2期レッスンの実施も決定しているという。第2期レッスンは、2022年1月からの実施を予定しており、募集開始は2021年11月から。

【サービスサイト】Click

広告 

PAGE TOP