【アメリカ】オンラインJ.D.(法務博士)プログラムを法科大学院が開始

アメリカのSt. Mary’s University及び同大学のロースクールは、国内初の完全なオンライン教育による、J.D.(法務博士)プログラム開講を発表した。同プログラムは、米国法曹協会による認定・承認を受け、2022年秋の開講に向けて、学生募集準備を開始している。

オンライン
JDprogram

St. Mary’s Universityのロースクールは、新しい完全オンラインプログラムによって、経済的また家庭の事情から自宅を離れてキャンパスに通学することができない人々へに対して、法学教育の機会を提供することを目的としている。無理のない学費で受講できる優れた法学教育によって、法律関係の職業に就く可能性を広げたいと考えている。

同スクールでは5年前に、法学修士課程において、オンライン過程を設置しており、法学オンライン教育の専門知識を有している。すでに仮想環境での教育を担当している教員もいる。さらにパンデミック時に備えて、フルタイム教員すべてがオンライン教育におけるインストラクショナルデザインのコースを受講し、オンライン教育認定を修得している。

同プログラムは修了に4年必要であり、オンラインカリキュラム外に各学期ごとに対面でのオリエンテーションや専門的な能力開発のための活動、さらには司法試験準備プログラムも予定されている。

【サービスサイト】Online J.D. Program

広告 

PAGE TOP