【ピックアップ情報コーナー2021.9.23】

Data Science

【日本】高校生から社会人まで受験できるデータサイエンス資格

◆日本の公益財団法人日本数学検定協会は、データサイエンスの専門家を認定する新資格“データサイエンス数学ストラテジスト”を開始した。同協会は、“実用数学技能検定” や “ビジネス数学検定” の運営を行っている団体である。◆

“データサイエンス数学ストラテジスト” は、データサイエンスの基盤となる、数学スキルとコンサルティング力を試す専門資格だ。本資格を取得することにより、社会人はデータサイエンスを軸とした事業戦略・施策に携わることができるようになるほか、学生の就職や進学においても有効活用が可能となっている。

また、学習内容については、eラーニングで数学を中心に学んでいくことになるが、教育課程の内容を全て学び直すのではなく、データサイエンスに必要な部分に特化して効率よく習得できるのが特徴だ。なお、受験者に求められるレベルは、本資格の中級が数検準2級程度で、上級が数検2級・準1級程度になるとのこと。

同協会では、本資格の特設サイトも公開しており、試験の詳細や受験方法、サンプル問題などを確認することができる。さらには、公式問題集の販売も行われるため、豊富な問題・解説をもとに学習を進めることも可能だ。

【資格試験サイト】データサイエンス数学ストラテジスト

 
 

attuned

【日本】従業員のモチベーション可視化ツールが高評価を獲得

◆日本のEQIQ株式会社は、自社の提供するモチベーション可視化ツール “Attuned” が、HRアワード2021プロフェッショナル部門 人材開発・育成部門に入賞したことを発表した。HRアワードは、HRを通じた全国の企業の発展を目指す、最も権威ある賞である。◆

“Attuned” は、価値観に大きく影響する内発的動機を11の要因に整理し、要求度と組織文化を可視化するツールだ。本ツールで従業員を分析すれば、チームの関係性やモチベーションの向上だけでなく、自律人材の育成や離職防止、ジョブ・クラフティングなど、組織課題に応じた様々な活用が可能になる。

今回の入賞にあたって、本ツールの評価ポイントとして挙げられたのは、部下一人ひとりに応じたマネジメントを提案するという点だ。これにより現場のマネージャーは、部下の価値観を理解し、本気の対話を引き出すとともに、部下の動機に合わせて望ましい組織行動を促すことができるようになる。

同社は、本ツールで扱う内発的動機について、グローバル時代を生き抜くために重要な存在であるとして、可視化の必要性を強調している。なお、同社では、内発的動機に関するリサーチも行っており、その情報をレポートとして公開中だ。

【サービスサイト】Attuned

 
 

Aeon

【日本】小学校英語教育はスピーキング指導が課題か

◆日本の株式会社イーオンは、小学校教員を対象として、アンケート “小学校の英語教育に関する教員意識調査2021夏” を実施した。英語の授業運営に不安を感じる教員が多いこと、オンライン授業ではさらに多くの課題があることが示された。◆

“小学校の英語教育に関する教員意識調査2021夏” は、同社のオンラインセミナーに申し込んだ教員132名を対象に行われた。英語教育を担当する学年別に、英語の授業運営全般、具体的な問題点などについて質問している。小学3、4年生、小学5、6年生ともに、運営が上手くいっている、上手くいっていないという回答はおよそ半々となり、発表も含めスピーキング教育が難しい点となった。今後の英語指導に感じる課題としては、学習者の評価の仕方、ALTとのコミュニケーション、ICTの活用などが見られる。

また、オンライン授業を行った回答者は全体の3割程度であり、そのほとんどが、児童の発言を促したり、児童同士のコミュニケーションの機会を作るのが難しい、対面授業のほうが進めやすいと回答している。オンライン授業の方が進めやすい・両者で差はないといった回答は非常に少ない。

株式会社イーオンは、英会話教室の運営、英語教育カリキュラム、教材の開発を行う企業である。

【調査発表サイト】「小学校の英語教育に関する教員意識調査2021夏」

 
 

Tech Design

【日本】低価格かつ短時間で学べる技術者向け講座サイト

◆日本の株式会社テックデザインは、講座の申し込みから受講までをシームレスに行える、技術教育講座サイト “テックデザインLite” を公開した。本サイトでは、同社が提供するオンデマンド講座の中でも人気のある講座を、より手軽な形で学習できるようにしている。

“テックデザインLite” は、低価格なオンデマンド講座を、短時間で手軽に視聴することができる新サイトだ。本サイトを利用することで、受講者は初歩的な知識を簡単に習得できるようになり、本格的な学習につなげるためのきっかけづくりを行うことが可能になる。

同社では2020年8月より、技術者のサポートを目的とした講座サイト “テックデザイン” の提供を続けているが、受講者からは短時間・低価格なセミナーの充実を求める声が増えていたという。このようなニーズに対応して “テックデザインLite” の講座は、1時間程度の長さで気軽に視聴できるようになっており、価格に関しても多くが1万円未満となっている。

なお、講座内容についても、機械・食品・データサイエンスなど幅広い分野が揃っているほか、職種を問わない汎用的なスキルなども習得可能だ。同社は今後も、技術者・研究者に役立つ講習会の開催を考えていく。

【サービスサイト】テックデザインLite

広告 

PAGE TOP