【日本】企業のeラーニング導入率が3年間で倍増

日本の株式会社デジタル・ナレッジのeラーニング戦略研究所は、コロナ禍における新入社員研修について、人事・研修担当者を対象としたアンケート調査を実施し、“新入社員研修に関する調査報告書(2021年度)” を公開した。同社は本調査に加えて、2018年に行った同調査結果との比較も行っている。

調査研究
digital-knowledge

“新入社員研修に関する調査報告書(2021年度)” は同社の、2021年の新入社員研修で「仕事の進め方」を扱った企業は75.8%で、3年前から25.8ポイントも増加しているという。他にも、ほとんどの研修内容において実施率が大きく増加しており、新入社員に対する教育内容が拡大していることが見て取れる。

また、eラーニングの導入率も72%に達し、この3年間で倍増したことになる。その一方で、対面での集合研修やグループワークの機会が減少したことにより、「実践的な研修ができない」「コミュニケーションが不足している」「新入社員のモチベーションが上がらない」といった、様々な課題も浮き彫りになった。

本調査の詳しい結果は、同社のWebサイトから全89ページの報告書として無料ダウンロードできる。同社は今回の調査結果について、コロナ対策としてだけでなく、教育内容の増加に対応する手段としても、eラーニングが有効活用されていると推察した。

【レポートサイト】eラーニング戦略研究所 調査報告書

広告 

PAGE TOP