【日本】3D空間活用で建設・製造現場のDXを推進

日本のエヌ・ティ・ティ・ビズリンク株式会社は、商業施設や生産施設の3D-Viewを作成・一元管理できるサービス “Beamo” の提供を開始した。本サービスにより、建物設備の構築・保守などにおける働き方を変革し、ファシリティマネジメント領域におけるDX推進に貢献する。

オンライン
BeamoTM

“Beamo” は、市販の360度カメラとスマートフォンを用いて、建物の3D-Viewを簡単かつ素早く作成することで、リモートを通じた設備管理・現地調査を可能にするサービスだ。作成した3D-Viewでは、寸法の測量が可能なほか、運搬経路や設置スペースの確認なども、バーチャルで行えるようになっている。

直接足を運ぶことなく現場を確認できるため、作業前に危険箇所を周知するといったことも可能だ。また、建設・製造分野以外にも、3D空間を用いた研修素材の作成や、建物の案内ツアーの実施、さらには監査などにも利用できるとのこと。

なお、同社が実施した試験導入によると、現地調査業務における生産性向上などの効果が既に確認されているという。さらに今後は、リアルタイム情報配信サービスとの連携や、ドローンによる撮影の自動化なども予定されている。

【サービスサイト】Beamo™

広告 

PAGE TOP