【日本】コロナ禍で留学生を確保するカギは入試のDX

日本の立命館アジア太平洋大学は、外国人留学生の入試において、学生募集・出願システムの “Slate” を本格導入したことを発表した。既に1400校の導入実績がある本システムだが、国内での導入は今回が初の事例となる。

オンライン
APU

立命館アジア太平洋大学は、世界中から学生を呼び込む戦略として、コロナ禍以前からいち早く入試のDX化に取り組んできた大学だ。同大学では既に、出願・入学手続き書類の9割をオンライン化しており、今回のTechnolutions社開発 “Slate” は高等教育機関専用であり、入試システムDX化の集大成となっている。

同大学は導入によって、志願者が大学を検討する段階での問い合わせ、学生募集イベントへの傘下、出願から面接、入学手続きまでの一連の流れを、同一プラットフォームで完結できる仕組みが整ったと述べている。さらには、志願者の情報を一元管理し、一人ひとりに適した情報を大学から届けられるようになったことで、出願数が1.5倍になるといった成果が既に出ている。

立命館アジア太平洋大学は “Slate” について、多様な業務をシームレスに繋ぐツールであると同時に、志願者にとってはユーザーフレンドリーに入学までをケアするコミュニケーションツールでもあると語っている。加えて、コロナ禍の損失を最小化できたのも、導入によるDX化の効果だと考えているという。

【大学サイト】立命館アジア太平洋大学

広告 

PAGE TOP