【KEYWORD】親子で学べる最新の教育サービス

現在、オンラインやIT技術を駆使した親子向け教育プログラムが普及している。これらのサービスでは、子どもが好きなゲーム、紙芝居などを取り入れたものや、最新の教育ニーズにフォーカスした製品など、各社が様々な工夫を凝らしている。コロナ禍で在宅時間が増える昨今、学校の長期休暇等を利用して、親子で学びにチャレンジするのも良いだろう。特徴ある親子向け教育サービスをピックアップした。

親子で楽しく教科学習
日本のゲーム開発企業が提供するサービスでは、親子でクエスト形式の問題を解きながら、国語、算数、理科、音楽など複数の教科を学ぶことができる。キャラクターの着せ替えや友達との協力プレイなど、子どもの興味をひくコンテンツが盛り込まれている。また、他社からは、様々な教科をバーチャル体験できる知育ARアプリが展開されている。例えば英語の場合、AR環境でフルーツを探しながら単語の発音を学ぶといった内容だ。

特定分野に特化した学習サービス
書籍の文字、写真、イラストにかざすだけで、場面に合った音声、音楽、効果音などを再生できる虫眼鏡ツールもある。例えば図鑑にかざして解説文を読み上げるなどが可能な、AI活用型の読書支援ソリューションがある。保護者のスマホと連携させ操作履歴を追跡することで、子どもの興味関心を把握できる。その他の分野特化型サービスとしては、論理的思考能力を養う注目の新教科、プログラミングにフォーカスしたもので、楽しいストーリーでどんどん学べる紙芝居とカードゲーム融合型教材もある。

小学校入学準備プログラム
ある日本の教育企業は、デンマークで行われている、質の高い義務としての幼児教育プログラムを基にした、就学前オンラインクラスを提供している。小学校での勉強や生活にスムーズに適応できるよう、文字・数などの学科教育に加え、感情や社会性(聞く・話す、自己表現など)の学習コンテンツも盛り込んでいる。

KEYWORD 一覧

広告 

PAGE TOP