【日本】オンライン学習には動画教材を活用したい

e-stand

【日本】動画教育プラットフォームで建設業界の労働時間を短縮

◆日本の株式会社Will Smartは、建設現場向け共創プラットフォーム “e-Stand” の一環として、新たな動画プラットフォーム“e-Standビデオ”をリリースした。“e-Standビデオ”は、同社と飛島建設株式会社グループ、株式会社福田組が共同開発したもの。◆

“e-Standビデオ” は、スマホやタブレット端末ですぐに運用を始めることができる、建設業界専用の動画プラットフォームだ。本プラットフォームを利用すれば、安全教育や工事概要などに使われる紙資料を動画化し、現場での説明や情報共有などにおいて様々な業務効率化を実現することが可能になる。

現在、建設業界では労働時間の上限規制に伴って、現場技術者の労働時間削減が急務となっており、教育や説明に関する業務にも見直しが求められていた。そこで本プラットフォームは、これまで建設会社が個別に作成していた資料を、動画として共有可能にすることで、建設業界全体の業務時間短縮を実現している。

なお、“e-Standビデオ” には、ラジオ体操動画や安全教育動画、啓発動画が標準搭載されているため、導入してすぐ運用を始めることも可能だ。さらには、コロナ対策や衛生などについても、動画で学べるようになっている。

【サービスサイト】e-Stand

 
 

edoa

【日本】中小規模の学習塾でも簡単に始められる授業動画配信

◆日本の株式会社イードアは、中小規模の学習塾を対象に、オリジナル動画配信プラットフォーム “まならぶる” の提供を開始した。本プラットフォームを導入することで、オンライン学習を取り入れつつ、学習データの可視化などを実現できるようになる。◆

“まならぶる” は、動画撮影・配信・視聴分析の3ステップで、授業動画を簡単に運用することができるプラットフォームだ。本プラットフォームは、誰でも導入できるように設計されているだけでなく、手厚いサポートも用意されているため、ITに不慣れな学習塾でも手軽に利用することが可能となっている。

また、本プラットフォームを導入すれば、生徒の予習・復習に加えて、保護者への授業内容報告や、講師研修、他教室との情報共有など、様々な用途で活用することもできるようになる。さらに、動画を配信する際には設問を作成することできるため、動画視聴後の知識定着や、正答率の分析なども可能だ。

実際に “まならぶる” を導入した学習塾からは、「最低限の手間で復習を行いつつ、授業とうまくリンクさせることで成績向上にも役立っている」と好評を得ている。本プラットフォームは今後も、意見やフィードバックを反映しながら、改善や新機能実装を行っていくとのこと。

【サービスサイト】まならぶる

 
 

PPTuber

【日本】音声付き研修動画を自動作成するサービス

◆日本の株式会社クランディムは、スライド動画を簡単に作成できるサービス “PPTuber” において、新たにGoogleスライドへの対応を実施した。本サービスを利用することで、研修や製品紹介、会社説明会などの資料作成コストを大幅に削減できるようになる。◆

“PPTuber” は、スライドの発表者ノートに読み上げ用の原稿を入力するだけで、最先端の音声合成技術を使用したスライド動画を作成できるサービスだ。本サービスを利用すれば、自分でプレゼンテーションをする手間が省けるほか、動画資料のナレーションを録音する必要も無くなる。音声は、日本語、英語、男性、女性の音声に加えて、声の高さ、速度も設定可能である。

今回、本サービスがGoogleスライドに対応したことにより、従来のようにローカルファイルを用いることなく、URLの入力のみで動画を作成できるようになった。また、本サービスはクラウドによる並列処理を採用しているため、長時間の動画でも高速で作成することが可能だ。

なお、ファイルサイズについても、不要なアニメーションをカットすることによる軽量化を行っているという。“PPTuber” は、無料で試せるトライアルプランのほか、手軽に利用できる月額プランや、大幅なディスカウントがあるビジネスプランも用意されている。

【サービスサイト】PPTuber

広告 

PAGE TOP