【日本】大学向けDXプラットフォームのベータ版提供が開始

日本の株式会社Schooは、高等教育機関DXプラットフォーム “Schoo Swing” のベータ版を提供開始した。同社では国内提供第一弾として、近畿大学の理工学部情報学科にてテスト導入を行い、本製品リリースに向けた改善を進めていく。

ICT
SchooSwing

“Schoo Swing” は、オンデマンド授業を管理するCMSと、学習データを管理するLMSを組み合わせることで、最適なハイブリッド教育環境を実現するクラウドベースのプラットフォームだ。本プラットフォームを利用することで、授業前から授業後までの教育フローを一元化し、教員が授業以外で行う様々な作業負荷を削減できるようになる。

さらに、本プラットフォームでは、学生の広範なアクティビティデータを取得して、学生一人ひとりの学習状況の把握や、教材の質向上、教員の授業評価などに活用することも可能だ。今回、近畿大学で行われるテスト導入では、学ぶ場所にとらわれない高品質な授業の提供を目指し、教員や学生の声を製品に反映させて改良につなげていく予定である。

近畿大学情報学研究所のメンバーは “Schoo Swing” ベータ版開発に関わってきた。近畿大学では、今回のテスト導入について、時間と空間を超えた学習環境の充実を図りつつ、高品質な授業を提供する具体的な方法を模索していきたいと考えている。

【サービスサイト】 高等教育機関DXプラットフォーム『Schoo Swing(β版)』

広告 

PAGE TOP