【日本】AI構築で学ぶ中学生向け次世代教育プログラム

日本の株式会社ヒューマノーム研究所は、自社のデータ解析・AI構築ツール “Humanome CatData” を用いた、同社と三田国際学園中学校が共同で開発を行った中学生向けAI教育プログラムについて発表した。同学園中学校において、本プログラムを使用して「AI時代のキャリア構築ワークショップ」を実施、継続的な検証を行っていく。

教材/アプリ
humanome AI

“Humanome CatData” によって両者が共同開発した教育プログラムは、ものづくり・論理的思考・創造力などの様々なスキルを、AI構築を通じて育成していく。本プログラムでは、初心者でも扱えるノーコードツール “Humanome CatData” を用いるため、プログラミングを必要とせずに、AIの本質について理解できるようになる。同社は、AIは魔法の杖ではなく、人間の試行錯誤の上に成り立っているとして、構築過程に触れることの大切さを訴えている。

学習内容については、カエデの種子の形状と落下姿勢の関係性を探る実験を活用して、AI構築における設計・実験・考察を行うものとなっている。こうして、本プログラムを用いてAIを深く理解することにより、「AIに仕事を奪われる」という言説にとらわれず、「AIとともに社会を作る」という広い視野のもとに、より良い社会構築に向けたマインドを構築することが可能だ。

なお、キャリア教育としての側面も含めた本プログラムの教育効果については、AI構築、データ解析などは同社が、キャリア教育や教材開発などは三田国際学園中学校が、評価・フィードバックを実施していく予定である。

【ツールサイト】Humanome CatData

広告 

PAGE TOP