【日本】学生が自らやりたいことを見つけるための疑似空間

日本の株式会社VARIETASは、オンラインで完結する教育エコシステム “JISSEN-chi” を正式リリースした。本システムは、世界的に注目を集めているレッジョエミリア教育をベースとしたもので、ビジネスの特徴を持ち合わせた教育機関を目指して開発された擬似空間となっている。

オンライン
Jissen-chi

“JISSEN-chi” は、オンライン上に用意された街の中で、学生が自らお店を出店したり、既存のお店に参加することで、自分の実績を積み上げることができるシステムだ。本システムでは、学生は自分でサービスを提供するだけでなく、他の学生のサービスを利用することもできるため、実社会に近い環境でフィードバックを得ることが可能となっている。

2021年5月現在、本システム上には約300店舗が存在しており、様々な学生がお店の運営を通じて、個性・やりたいことの発見に成功している。また、本システムで学生が提供するサービスのクオリティについても、法政大学や同志社大学の教授をはじめとする教育業界の有識者から、高い評価を得ているという。

なお、お店の出店・運営に関しては、サポート体制などを含めた手厚いカリキュラムも用意されている。同社は今後も、本システムのアップデートを随時行い、前向きにキャリア選択をしていけるようサポートしていくとのこと。

【サービスサイト】実践しながら代表作を創れる街 「JISSEN-chi」

広告 

PAGE TOP