【日本】教育利用に特化したマルチデバイス対応IME

日本のオムロン ソフトウェア株式会社は、学習現場での利用を考えた文字入力支援システム “iWnn IME for Web” をリリースした。本システムを導入することで、生徒が利用するデバイスによる文字入力システムの差異を取り除き、公平な学習環境を実現できるようになる。

ICT
IME

“iWnn IME for Web” は、Webアプリに組み込まれたIMEを使うことで、多様なデバイス環境での利用に対応した文字入力支援システムだ。学習用に開発された本システムには、習った漢字のみを表示する予測変換機能や、数式・化学式などの入力に最適なキーボードなどが用意されている。

また、従来の教育現場では、生徒がテストの解答を入力する際に、正解が変換候補として先に表示されてしまうといった、デジタル特有の問題もあった。そこで本システムでは、クラウド上で予測変換機能を実現することにより、不適切語彙の除去を行いつつ、常に最新語彙に対応できる文字入力を可能にしている。

オムロン ソフトウェア株式会社は、金融システムやヘルスケアなど、社会性・公共性の高いソフトウェア開発を手掛けている企業だ。同社は、教育現場に最適化された本システムを提供することで、公平かつ高品質なデジタル学習システムの普及に貢献していくとしている。

【リストサイト】iWnn IME for Web

広告 

PAGE TOP