【ピックアップ情報コーナー2021.4.30】

ONLINEU

【アメリカ】737大学のオンライン授業料を調査比較

◆アメリカのOptimal社は、同社のオンライン大学紹介サイト “OnlineU” において、737に及び大学の授業料など学費を詳細に調査して、安価な学費でコストパフォーマンスの高い大学のリスト “2021 Most Affordable Colleges” を発表した。◆

“2021 Most Affordable Colleges” は、各大学について詳細に調査した結果に基づく。オンライン学部の学費は通学制に比べると安価ではあるが、学部や学科の絞り込み、各種学費関連オプションなども検討しようとすると、オンラインでの学部や学科も増加が続いており、情報サイトも数が多すぎて、正確な情報の入手や比較や選択は容易ではないという。

同社によると、卒業までに借りる学生のローンは平均3万ドル以上となり、返済には数十年かかることもあるという。また、私立大学の通学制授業料は一般的に公立大学のおよそ2倍であるが、オンラインプログラムでは、そのような大きな差はない。今回、同社は、準学士、学士、修士、博士の学位取得にかかる4万以上の授業料を詳細に調査し、ランキングをまとめて学費コストと学位レベルによる比較が簡単にできるリストを提供している。

Optimal社は、“OnlineU” において州別や専攻別のリストなどを作成し、ランキングを充実させていく予定である。

【リストサイト】2021 Most Affordable Colleges

 
 

Educhat

【日本】ボットによる校務支援も行う教育向けチャットサービス

◆日本のキャスタリア株式会社は、教育向けチャットサービス “Educhat” の正式リリースを開始した。本サービスは、自治体・教育委員会・学校法人などに向けて提供されるものだが、教育機関であれば無料で利用可能となっている。◆

“Educhat” は、LINEのような気軽なチャットシステムにより、先生同士のコミュニケーションを円滑化しつつ、情報共有の透明化を実現することができるサービスだ。本サービスを利用すればするほど、情報のやり取りが蓄積されていくため、サービス全体を資料として活用できるようになる。

また、本サービスにはボット機能も搭載されており、必要な情報を手作業で探し出す代わりに、ボットに探させるといったことが可能だ。さらには、スケジュールなどを設定しておけば、決められた時間に通知をするリマインダーとしても活躍してくれる。

本サービスに搭載されているチャンネル機能を利用することで、学年別・教科別に特定の教職員との情報共有を行ったり、学校や教育委員会とのやり取りもできるようになっている。なお、同社では本サービスに加えて、校務RPA化サービスの “Educhat RPA” も提供している。

【サービスサイト】Educhat

 
 

spaceblock

【日本】クラウドを活用したマイコンベースのプログラミング教育

◆日本の株式会社AVADは、マイコンとクラウドを活用したプログラミングシステム “SPACEBLOCK” を開発した。同社は本システムを提供することで、GIGAスクール構想とSTEAM教育に貢献するサービスの構築を目指すとしている。◆

“SPACEBLOCK” は、グラフィックプログラミング環境で作成したプログラムを、クラウド上にデジタルポートフォリオとして記録できるプログラミングシステムだ。本システムはマイコンをベースとしているが、パソコンの画面でも実行結果をグラフィカルにシミュレート可能となっている。

また、教育現場向けの機能として、最大100名までのグループ作成機能や、課題提出機能、チャット機能なども用意されている。他にも、時系列でのレコーディング機能により、生物育成分野のデータなど時間が途切れない記録を行うなど、タイムスタンプに関連した活用も可能だ。

なお、“SPACEBLOCK” は、学校やプログラミング教室での利用に加えて、遠隔教育での活用も期待できるとのこと。さらに今後は、小学校での実証実験を行いながら、システムの機能向上および市場ニーズの把握に取り組む予定となっている。

【サービスサイト】SPACEBLOCK

 
 

EdulinX

【日本】スマホで簡単、IELTS英語試験対策

◆日本の株式会社EdulinXは、4月、英語学習専用のeラーニングプラットフォーム “Reallyenglish” において、IELTS(International English Language Testing System)の総合的な対策(Listening、Reading、Speaking、Writing)が可能なオンラインコース “IELTSコーチ4技能対応” をリリースした。IELTSは、世界140か国で認定されている、留学、就労、海外移住に役立つ英語試験である。◆

“IELTSコーチ4技能対応” は、同試験の出題内容をオンラインで完全再現することで、ワンストップでのIELTS試験対策を可能にする。自宅のPC以外にも、スマートフォンやタブレットを使い、いつでもどこでも学ぶことができる。移動中など細切れの時間を活用して、自分のペースで学習を進めることが可能だ。学習者の多様なニーズを考慮し、4技能のうち一部のみを集中的にトレーニングするコースも用意されている。

本サービスは、TOEIC225~940点相当という幅広い英語力に対応しており、講師に不明点を質問することのできるフォーラム機能や、IELTSの初学者にも使いやすい丁寧な日本語の解説が盛り込まれている。

株式会社EdulinXは、教育プラットフォーム “Reallyenglish” 等を通じ、実用・ビジネス英語、英会話、英語試験対策などを展開するエドテック企業である。

【コースサイト】IELTS コーチ 4技能対応

広告 

PAGE TOP