【カナダ】ビジネスを体験するキャリアプランニングプログラム

カナダのXello社は、K-12の6年生~12年生を対象に、Work-based Learning(実社会の職場に基礎を置く学習)のモジュールを新たに開発、同社の進学や就職をサポートするキャリアプランニングプログラム “Xello” に組み込んだことを発表した。これによって利用する生徒たちは、地元の企業と接触し、職場で必要なスキルを学ぶことができる。

オンライン
xello

“Xello” のWork-Based Learningモジュールには、地元のビジネス界が学習体験に参加しているため、生徒は具体的にどのような企業がありどのような仕事があるのか、就職について調べ計画していく。また、教師やカウンセラー、就職指導担当者なども、学区の就職についての情報を把握できる。

仕事ベースの学習体験が企業から提供されると、“Xello” で生徒は自分の興味や志向にあわせて体験を選び出し、企業プロファイルを見て体験への参加を検討する。体験への参加情報は、学校、学区、企業などの間で共有され、生徒指導に活かしていく。情報は一元化されたデータベースに保存され整理されているため、指導側は企業の連絡先、体験リスト、生徒の参加、進捗状況などすべてを把握できる。

Xello社は、中高生が、急速に変化しているビジネス社会を理解して、将来の自分のキャリアを考えていくためのソリューションを提供する教育ソフトウェア企業で、800万人ほどの生徒や教育者が “Xello” を利用している。

【サービスサイト】Work-based Learning

広告 

PAGE TOP