【アメリカ】デジタルエンゲージメントで高等教育機関支援

アメリカのModern Campus社は、大学など高等教育機関を対象に、学生の募集から入学、さらには卒業までの学業継続をサポートするデジタルエンゲージメントを推進するプラットフォーム “ModernCampus” の機能強化を発表した。入学志望者に対して、大学卒業後のキャリアを考えた進路を考えていく。

オンライン
moderncampus

“ModernCampus” は、学生それぞれに対する最適化と機械学習によるキャリア指導により、高等教育機関の入学者数を増やし、さらに大学入学後の卒業、就職までをサポートする。学生は、高等教育機関の選択、職業紹介、継続的なキャリアの成功までを、一つのプラットフォームでサービスを受けることができる。導入する顧客の教育機関では、平均して年間19%の収益アップが可能になったという。

大学をはじめとする教育機関は多様であり、同社のサービスは、継続教育や労働力開発教育なども含めて、学生が適切な教育機関及び適切な教育プログラムを、ニーズに合わせて見つけることを簡単にした。今後は、労働市場データにもアクセスして、教育が雇用機会や給与とどのようにつながるかを確認できるようにしたいと、同社は考えている。

Modern Campus社は、プラットフォームを通して、入学登録者数及び収益の減少、運営コストの上昇、学生ローンの問題、学校閉鎖の危機などへの対応も含めて、デジタルマーケティングサービスを550以上の高等教育機関に提供している。

【サービスサイト】ModernCampus

広告 

PAGE TOP