【日本】基礎学力の育成をタブレットだけで完結させる

日本の株式会社スプリックスは、基礎学力の育成を目指すタブレット教材 “フォレスタ学習道場” について、株式会社松尾研究所との共同開発体制に移行したことを発表した。株式会社松尾研究所は、東京大学大学院の成果活用型企業である。

教材/アプリ
sprix

“フォレスタ学習道場” は、豊富な学習ログデータに最先端のAI技術を活用することで、一人ひとりに最適な学習カリキュラムを実現するタブレット教材だ。本教材は、タブレットに直接書き込むスタイルを採用しており、正誤判定の機能も搭載されている。タブレットだけで学習を完結させることができるようになっている。

なお、本教材は現在、同社が運営する学習塾である森塾の一部のみで展開されているが、今回の共同開発に合わせて、対象を森塾の全校舎へと拡大する予定だ。さらに今後は、全国の学習塾や習い事事業者へのプロダクト提供も含め、広域的な展開も視野に入れているという。

東京大学大学院の松尾豊教授は、本教材の共同開発の目的について、学習者の基礎学力を定着させる、最適なアルゴリズムを構築することであると述べている。さらに現在は、部首の混同や点の打ち忘れといった、筆跡データの活用も進めているとのこと。

【サービスサイト】フォレスタ学習道場

広告 

PAGE TOP