【KEYWORD】英語資格取得のための学習サービス

グローバル化が進む現代において、英語は、ビジネスマンに必須のスキルだ。英語運用能力を客観的に測ることのできる、英検、TOEICなどの資格が、一層重視されるようになっている。これらの資格を取得することで、進学で有利になる、企業におけるキャリアアップに役立つことも少なくない。主要資格である英検、TOEICを中心に、資格取得を支援するサービスも増加している。

TOEIC対策:特有の問題形式を攻略

TOEICは、日本の重要な英語資格だ。同試験でハイスコアを目指すには、問題の量や形式を考慮した時間配分や、効率的な解答法を身につけなければならない。あるオンラインサービスでは、TOEICでハイスコアを持つ講師が、音声やチャットを活用し、学習者に個別指導を提供する。試験の重要ポイント対策から、日頃の学習時間の管理まで、徹底的なサポートを行う。また、現代では、スマホやタブレットで手軽にTOEIC対策ができるウェブサービスやアプリが、複数展開されている。その中には、AI・音声認識技術を活用し、自律的に学習を進められるものもある。

英検対策:英語の4技能を養成

英検もTOEICと並ぶメジャーな資格である。最上位の1級や、準1級は、高度な英語技能を証明し、就職などの場面でも高く評価される。英検は英語の4技能(聞く、読む、話す、書く)を測る試験なので、英語力をバランス良く底上げするような学習が有効だ。例えば、英字新聞社からは、新聞記事をベースに、英語の聞き流し、スピーキング練習、単語学習を幅広くカバーしながら、英検に特化した対策も受講できる、便利なサービスが展開されている。

専門的な英語資格

米国P360試験は、ビジネス現場のニーズを重視したスピーキングテストだ。同試験には、スピーチ、プレゼン、交渉など、実践的なビジネス英語を学びながら試験合格を目指すことができる、学習サイトも提供されている。また、留学に役立つTOEFL、IELTSや、英語教育資格CELTAに対しては、海外の語学学校と提携した「オンライン留学」サービスなどがある。

KEYWORD 一覧

広告 

PAGE TOP