【ピックアップ情報コーナー2021.2.12】

Bookshare

【カナダ】電子書籍のアクセシビリティをテスト

◆カナダのFable Tech Labs社は、非営利組織Benetechと提携することを発表した。提携によって、同社のオンラインプラットフォーム “Fable” 登録者に、同組織運営の読むことに障害のある人々を対象とする電子書籍ライブラリ “Bookshare” へのアクセスが提供される。◆

“Fable” は、障害を持つ人々によって、ソフトウェアやウェブサービスなどが使いやすいものかどうか、オンデマンドでアクセシビリティをテストし、開発をサポートするプラットフォームである。多くの企業がアクセシビリティを改善するために “Fable” を利用している。“Bookshare” にとって民間企業との提携は初めてとなる。

“Bookshare” へのアクセスで、“Fable” 登録者は、個人の学習のために、またキャリア開発のために40万冊にのぼる様々な電子書籍を利用できる。自律学習によって専門的な知識を習得し、キャリアとなる就職につなげていくためのリソースとなる。

“Bookshare” は、63の異なる言語をサポートし、85万人以上の会員に1800万を超える電子書籍を配信している。

【企業サイト】Fable Tech Labs

 
 

Code Land

【日本】プログラミング学習サイトで本格ゲーム制作

◆日本の株式会社プロキッズは、小学生から高校生まで利用できる、プログラミング学習支援サイト “Code Land” をリリースした。本サイトを通じて、コロナ禍におけるオンライン学習の需要に対応しつつ、子供のプログラミングスキル向上を目指す。◆

“Code Land” は、ミッションをクリアしながら、自由に好きなペースでプログラミングスキルを高めることができる学習サイトだ。本サイトでは、HTMLやJavaScript・PHPを中心としたWeb開発だけでなく、データ解析やAI分野で使われているPythonを学べるコースなども用意されており、様々な言語の中から自分の得意なものを探すことも可能となっている。

また、本サイトでは、ゲーム開発ツール “GameMaker Studio2” を用いたコースも実装されている。このGMSコースは、本格的なゲーム制作を目指す人はもちろんのこと、これまでコードを書いたことがないプログラミング初心者でも、簡単に始められるようになっているのが特徴だ。

GMSコースと合わせて、新たにiPhoneアプリコースも登場しており、こちらは以前より要望が多く寄せられていたという。他にも、学習状況の確認、レッスンのスケジュール管理などの機能を用いて、本サイトをLMSとして活用することもできる。

【企業サイト】株式会社プロキッズ

 
 

POLYGLOTS

【日本】オンラインの語学学習プラットフォームを提供

◆日本の株式会社ポリグロッツは、オンラインの語学学習プラットフォームを提供開始した。同社が、累計170万人が使うスマホ向け英語学習アプリ既存サービス “POLYGLOTS” で培ったノウハウを活かしたプラットフォームを、語学スクール業や教室に提供していく。◆

本プラットフォームは、オンラインを通じた英語のレッスン提供や、レッスンのスケジュール管理などに利用することができる。すでに、幼児向け英語教材で有名なワールド・ファミリー株式会社において、オンラインイベントの配信などに活用されている。プラットフォーム上で、複数のレッスンの開講日や予約状況などをまとめて確認することができるため、大変便利である。

現在、コロナ禍を受け、語学教育界においても、オフラインで提供していたビジネスをDXによってオンラインへと積極的な移行が行われている。これまでオフラインで教育を展開してきた機関は、オンライン対応のプラットフォームをいち早く導入し、新たな教育様式に対応する必要がある。

株式会社ポリグロッツは、世界のニュースを聞きながら総合的な英語学習が可能なスマホ向けアプリ “POLYGLOTS” をはじめ、日本語学習アプリ、ファイナンス・会計学習アプリなどを運営する、エドテック企業である。

【サービスサイト】最短で最高の成果を出せるオンライン型英語研修

 
 

finolykkeonline

【日本】デンマークの小学校入学準備教育をオンラインクラスで

◆日本のフィーノ株式会社は、同社が運営する教育スクール “フィーノリッケ” において、親子で学べる小学校入学準備のためのオンラインクラスを開設した。日本に居ながら、世界一幸福な国と言われるデンマークの幼児教育を利用することができる。◆

今回の新クラスでは、デンマークで実際に行われている、小学校入学準備期の教育をそのまま体験することができる。トピックの例としては、文字と数、自然現象の理解、聞いて話すこと、助け合い、自己表現、遊びと身体の動きなどが挙げられる。学力だけでなく、感情のコントロール、対人コミュニケーション、クリエイティビティなど、今後の社会を生き抜くのに必要な能力を総合的に高めることができる。また、保護者向けに、プログラムの内容解説や悩み相談の機会も設けている。

デンマークでは、小学校入学前の子どもを対象とした幼児教育が義務化されている。1)愛情をもって子どもと心を通わせること、2)子どもの心身の健康を育むこと、3)子どもの社会性を向上させること、といった総合的な視点に基づき、優れた幼児教育が行われている。

フィーノ株式会社は、幼児向け北欧教育スクール “フィーノリッケ” の運営をはじめ、イベント・研修の企画や人事コンサルティングなどの事業を展開している。

【スクールサイト】北欧教育スクールフィーノリッケ オンラインクラス

広告 

PAGE TOP