【日本】高校1年生から利用できるキャリア教育サービス

日本の株式会社ジンジブは、高校生向けのキャリア教育サービス “ジョブドラフトキャリア” の提供を発表した。本サービスの特徴は、高校1年生の段階からキャリア教育を受けられる点で、これにより3年間を通してキャリア形成を行えるようになっている。

ウェブサービス
job-draft

“ジョブドラフトキャリア” は、将来の生き方に関するキャリア教育と、進路決定のサポート、そして就職指導を3年間通して行ってくれる高校生向けサービスだ。本サービスを導入することで、学校側は生徒の進路にまつわる業務を大幅に削減することができるため、学習指導や進学指導に力を注ぐことが可能になる。

本サービスでは、自己理解や目標設定、課題解決などをキャリア教育プログラムで学びながら、職業観育成を含む具体的な進路決定のサポートを受けることになる。就職希望者は、面接対策や履歴書添削といった具体的なサポートも受けながら、就職活動を続けて内定を目指していくことが可能だ。

株式会社ジンジブは、高校新卒に特化した求人サイト “ジョブドラフトNavi” の運営、合同企業説明会 “ジョブドラフトFes” を開催する企業だ。同社は、高卒の早期離職率の高さや非正規雇用の多さなどの課題を踏まえて、早期のキャリア教育を行う “ジョブドラフトキャリア” 提供を開始する。

【関連サイト】ジョブドラフトNavi

広告 

PAGE TOP