【日本】ハイブリッド型教育に関する無料相談窓口が公開

日本の株式会社Schooは、教育事業者を対象とした、ハイブリッド型教育環境に関する専用無料相談窓口を設置した。相談は、同社の問い合わせフォームから行うことが可能で、窓口の設置期間については無期限となっている。

オンライン
Schoo

株式会社Schooは、オンラインと対面を組み合わせたハイブリッド型教育について、これから環境構築を行おうとしている高等教育機関・社会人教育事業者に向けた、無料の相談窓口を設置したことを発表した。同社では、これまでにも大学からの相談に対応していたが、今回さらに支援の対象を広げたことで、より多くの教育機関に向けてノウハウの全公開・共有を行っていくことになる。

相談窓口では、ハイブリッド教育の推進に関する内容だけでなく、国内外の先端事例の紹介、学内でのオペレーションづくりに関する問い合わせなど、幅広い相談をすることが可能だ。また、同社は教育機関に特化したDX支援にも取り組んでおり、オンライン配信ツールの提供や、配信スタジオの設置、そして満足度向上のサポートまで、オンライン化を実現する様々なサービスを提供している。

株式会社Schooは、会員数55万人を超えるオンライン生放送学習コミュニティ “Schoo” の運営を行っている企業だ。同社は、新型コロナウイルスの感染拡大によって、ハイブリッド型の教育スタイルの確立が急務になっていると述べている。

【サービスサイト】Schoo 大学・専門学校・社会人教育事業者向けサービス

広告 

PAGE TOP