【日本】EdTechで自律学習を支援する通信制高校

日本のクラーク記念国際高等学校は、オンライン教育と対面教育を融合させた、個別最適型教育コース “CLARK SMART” の開講を発表した。クラーク記念国際高等学校は、通信制でありながら通学による学びを提供する全日型教育を取り入れた広域通信制高校である。

オンライン
clark

“CLARK SMART” は、EdTechと対面教育をベストミックスさせることで、個人のペース・目標に合わせたコーチングを行う学習コースだ。本コースでは、生徒一人ひとりの学習計画に基づいた個別サポートと、自律学習を実現するためのモチベーションのケアに重点を置く。

本コースを受講する生徒は、自宅・教室・カフェなど、インターネット環境のある場所を自由に利用して学習を進めることが可能だ。なお、本コースは3種類に分類されており、高校卒業資格を目指す人、希望進路の実現を目指す人、専門性の習得を目指す人向けに、それぞれ最適なプランが用意されている。

また、本コースではチーム学習も行うため、他人の意見・価値観に触れながら、協働する学びの力を高めることもできるようになっている。“CLARK SMART” は、2021年4月より全国にある同校の拠点にて開講される予定だ。

【学校サイト】クラーク記念国際高等学校

広告 

PAGE TOP