【アメリカ】不動産業界でLMS活用によるオンライン教育

アメリカのMeridian Knowledge Systems社は、不動産仲介業者の非営利会員組織Northwest Multiple Listing Service(NWMLS)が、同社の学習管理システム “Meridian LMS” を導入、システムのアップデートを実施したことで、同組織の教育コース受講者の数を拡大しているとの発表を行った。

オンライン
meridian

“Meridian LMS” によって、NWMLSは、33000を超える不動産ブローカーにトレーニングを提供している。多くの講義やウェビナーを用意し、不動産ビジネスの専門知識の普及に努めている。不動産業界では、定期的な資格/ライセンスの更新が必要になる場合もあるため、継続的な教育のニーズが存在し、NWMLSにおいて、会員企業向けの教育サービスは非常に重要な意味を持つ。

COVID-19の影響で対面教育がむずかしくなっていく中で、LMSを活用しオンラインでのライブコースに切り替えることで柔軟に対応ができた。継続教育の単位修得に必要な学習時間が決められている。そこで、自分のペースで進めていくオンライン学習ではなく、バーチャル環境で講師が教えていく双方向性のある授業形式を、オンラインで提供した。

Meridian Knowledge Solutions社は、企業を対象として、従業員、顧客、業者向けトレーニングを効率化するためのLMSを展開。NWMLSは、会員である不動産仲介業者を対象に、売り情報の不動産データベースであるマルティプルリスティングサービスシステム(MLS)など、業者をサポートするサービスを提供している。

【サービスサイト】Meridian LMS™

広告 

PAGE TOP