【日本】自己学習型のジョブ・クラフティングを開発

日本の株式会社日立ソリューションズは、従業員エンゲージメント向上の効果検証を目的とした実証実験を、2021年1月18日から3か月間にわたって実施することを発表した。本実験は、慶應義塾大学と同社が共同で行う。

調査研究
lysithea

株式会社日立ソリューションズと慶應義塾大学が実施する実証実験は、集合型研修に用いられるジョブ・クラフティングや支えあう職場づくりの研修プログラムを、ITを活用した自己学習型・改善プログラムとして開発し、効果を検証するためのものだ。研修によって、退職率の低下や業績の向上など従業員エンゲージメントにおける変化を検証する。

開発されたプログラムは、集合型研修と同等、もしくはそれを上回る効果が期待されている。この新たな研修プログラムが実際に運用されれば、非対面・非接触を前提とする「新常態」への対応や、研修コストの低減も実現できるようになる。なお、実証実験の終了後は、同社の人事総合ソリューション “リシテア” における新サービスとして、2021年春以降に提供される予定だ。

実証実験では、研修プログラムの効果について、無作為化比較試験という科学的に厳密な方法で検証していく。本実験に協力する慶應義塾大学の島津 明人教授は、同社と共同で開発した2つのプログラムが、従業員活性化、組織開発のツールとして、企業の発展に貢献できることを願うとコメントしている。

【関連サービスサイト】人事総合ソリューション「リシテア」シリーズ

広告 

PAGE TOP