【日本・アメリカ】新しい教育をサポートする技術

zSpace

【アメリカ】業界認定資格取得が可能なキャリア・技術教育

◆アメリカのzSpace社は、CTE(キャリア・技術教育)の知識とスキルを評価する組織NOCTIとパートナーシップを締結し、健康科学、先端製造技術、輸送、農業科学分野で最大33の業界認定資格を取得できる、教育コンテンツ “Industry Credentials” をリリースした。◆

“Industry Credentials” は、それぞれの業界で必要な技術を習得するハンズオン学習を行えない現在、AR/VRテクノロジーによって実践的な学習を可能にする。また、コンテンツは、オンラインでの遠隔教育、ブレンディッド・ラーニング、対面での集合学習の教材として使用できる内容であり、学区、キャリアセンター、コミュニティカレッジなど、幅広い教育機関などでの採用が考えられる。

さらに、同社では、インタラクティブな3D コンテンツによるAR/VR環境で、医学生がCT画像やMRI画像を扱う際に使用するアプリケーション “EchoPixel True3D” や、安全なバーチャル環境でHVAC製品の基本や修理手順を学べる “HVAC by Labtech”、住宅建設の作業を経験する “VIVEDConstruction” など、業界の現場で必要とされる技術を練習するコースも提供している。

zSpace社は、AR/VRを核とするエドテック企業であり、全米の多くの大学にサービスを提供している。同分野で数多くの特許を取得し、著名な雑誌やランキングにおいて何度も取り上げられている。

【サービスサイト】Industry Credentials

 
 

MotionBoard

【日本】データ活用でバス運転士に適切な教育を

◆日本のウイングアーク1st株式会社は、自社のBIダッシュボード “MotionBoard Cloud for Salesforce” が、ベイラインエクスプレス株式会社に採用されたことを発表した。ベイラインエクスプレス株式会社は、高速路線バス事業を展開している企業。◆

“MotionBoard Cloud for Salesforce” は、集積したあらゆるデータを、多彩な形式で可視化し活用できるようにするBIダッシュボードだ。本サービスでは、地図機能や3Dマップなどのビジュアライズにも対応しており、経営・製造・金融など様々な分野で利用することが可能となっている。

今回、ベイラインエクスプレス株式会社は、本サービスによって運転中の急旋回・速度超過・眠気などの「不安全データ」を自動集計し、運転士に適切な教育を施すシステムを導入したことで、運行管理の品質向上を達成できたという。このシステムでは、危険な運転をリアルタイムに通知するだけでなく、運転士の癖や特性の分析も行っている。

システムの導入当初には100回を超えていたアラートの通知も、適切な教育によって現在は30回程度に収まるようになったとのこと。さらに同システムでは、無事故継続走行距離や、顧客からのお褒めの言葉などをプラス評価として算出し、運転士の安全意識の向上に役立てている。

【サービスサイト】MotionBoard Cloud for Salesforce
 
 

schoolTakt

【日本】専門職大学がオンライン授業で協働学習を実現

◆日本の株式会社コードタクトは、デバイスフリーの授業支援システム “schoolTakt” が、2020年に開学した学校法人電子学園 情報経営イノベーション専門職大学に導入されたことを発表した。同大学は本システムを採用したことで、学生だけでなく、教員同士でも学び合いの場が実現できたという。◆

“schoolTakt” は、プリセットされている教材や、自前のPDF教材・写真などを、授業で活用することができるデバイスフリーの授業支援システムだ。本システムを導入することで、学生の学習状況をリアルタイムに把握する、学生同士の情報共有による学び合いも可能になる。

学校法人電子学園 情報経営イノベーション専門職大学では、設立以前からチーム学習やコミュニケーションの重要性を認識していたが、コロナ禍の影響で開校当初よりオンライン授業の実施を余儀なくされていた。そこで、本システムを用いてアクティブラーニングを中心とするオンライン授業が行われ、学生同士がお互いにコメントを書いたり、意見を交換できる環境を実現し、協働学習を強化した。

現在、同大学ではオンラインとオフラインのハイブリッドで授業を進めているが、“schoolTakt” が欠かせないものとなったことで、今もオンライン中心の授業を行っているという。今後は、学習ログを利用した授業評価においても、同社と連携して改善していくとのこと。

【導入事例サイト】「起業できる力をつける」ことを目指す専門職大学がschoolTaktで実現する「協働学習」/情報経営イノベーション専門職大学

広告 

PAGE TOP