【日本】モバイルデバイスの普及がEdTech市場の成長を支える

日本の株式会社グローバルインフォメーションは、EdTechおよびスマートクラスルームの市場規模に関する、調査レポート(英文)の販売を開始した。本調査では、世界の主要な地域や、ハードウェア、教育システムなど、複数の視点から市場の分析を行っている。

調査研究
Edtech & Smart Classroom

調査レポートは、国際的な市場調査・コンサルティング企業であるMarketsandMarkets社が発行している。レポートは、EdTech及びスマートクラスルームの市場規模は、2025年までに現在の858億ドルから1813億ドルに成長する見通しであることを発表。市場の成長を牽引する要因としては、モバイルデバイス・インターネットの普及、EdTech需要の高まり、そして新型コロナウイルスの影響などが挙げられるという。

また、本調査では、新世代の教育において不可欠なハードウェアとして、インタラクティブディスプレイの存在を強調している。学習者の関与を高め、その熱意を向上させるインタラクティブディスプレイは、既に先進的な市場で広く使用されており、教育分野全体においても学習に良い影響を与える可能性があるとのこと。

本調査では、学習管理を自動化するLMSアプリケーションが、急激な成長を遂げている点についても紹介している。さらには、こうしたハードウェア・システムに関する分析の他にも、エンドユーザ別や、展開タイプ別、技術別など、様々な切り口から分析と予測が行われている。

【販売サイト】株式会社グローバルインフォメーション

広告 

PAGE TOP