【日本】xRを学べる教育機関向けカリキュラム

日本の株式会社Psychic VR Labは、xRを総合芸術として学べる学校 “NEWVIEW SCHOOL” の教材を活用した、教育機関向けカリキュラム提携事業を開始した。この取り組みは、同社とマルチプラットフォーム向け統合開発環境を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン株式会社が共同で実施する。

教材/アプリ
Psychic VR Lab

“NEWVIEW SCHOOL” は、芸術分野で活躍するクリエイターを講師陣として迎えることで、xRを総合芸術としてデザインできる次世代クリエイターの養成を目指すスクールだ。新たに開始されたカリキュラム提携は、同スクールの講師による表現講座や、VR/AR教材、技術サポートなどの提供を行う、教育機関向けのパッケージとなっている。

なお、技術面においては、3D統合開発環境で世界的なシェアを誇る、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン株式会社がプログラムの監修を行うことで、第一線の現場で通用する人材の育成を可能としている。また、既に本カリキュラムの講義を利用している専門スクールのデジタルハリウッドでは、成果発表会の開催も行われたとのこと。

さらに、専門学校札幌デザイナー学院と、専門学校ITカレッジ沖縄でも、本カリキュラムの導入が決定済みだ。専門学校ITカレッジ沖縄は、VR/ARが手軽に体験できるようになったことで、xRの知識・技術の習得が必須になっているとコメントしている。

【企業サイト】株式会社Psychic VR Lab

広告 

PAGE TOP