【アメリカ】オンライン教育市場は2027年にかけて2.8倍に成長

アメリカのKenneth Research社は、オンライン教育市場の予測評価を提供する、新たな調査レポート “Global Online Education Market Analysis – 2018-2027” を発刊した。本調査では、市場に関する様々なデータをもとに、オンライン教育業界の世界的な急成長を促す要因について解説している。

調査研究
Kenneth Resarch

“Global Online Education Market Analysis – 2018-2027” の調査によると、世界のオンライン教育市場は今後、平均12.68%の成長率で拡大し、2027年には、現在の2.8倍に相当する4380.71億ドルまで成長することが予測されるという。特に、ラテンアメリカの地域は急速な成長が予想されており、コンテンツ・ハードウェア・ソフトウェアの充実によって、eラーニングサプライヤの機会が増えているとのこと。

同様に他の地域でも、オンライン教育システムでのインタラクティブな教育方法が開発されたことで、その有効性や費用対効果の高さから、オンライン教育を利用する学生の数が増加しているという。こうした動きは、グローバルなオンライン教育市場の成長を牽引する要因になるとされている。アジアやアフリカなどの地域別の情報についても詳細な解説を行っている。

本調査では、オンライン教育市場における業界のリーダーとして、Pearson PLC社(イギリス)、McGraw Hill社(アメリカ)、Adobe社(アメリカ)名前を挙げて、これらの企業分析結果も掲載している。Kenneth Research社は、消費財、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力など幅広い業界について市場調査レポートを発刊している。

【レポートサイト】Global Online Education Market Analysis – 2018-2027

広告 

PAGE TOP