【日本】文部科学省で看護師教育VRの実証事業がスタート

日本の株式会社ジョリーグッドは、株式会社京都科学と共同開発している看護師教育VR事業が、文部科学省の “令和2年度専修学校における先端技術利活用実証研究” に採択されたことを発表した。今後は、看護学校でのVRコンテンツの有効性を、3年かけて実証していくことになる。

産学連携
OPEcloudVR

株式会社ジョリーグッドと株式会社京都科学が共同開発している看護師教育VRは、小児科、産婦人科、精神科など様々なシチュエーションを、VRで場所を選ばず臨床体験できるようにするものだ。さらに本教材では、実際の臨床実習では経験できないような、希少症例なども学ぶことが可能となっている。

講義を行う際には、講師が離れた場所にいる受講者全員に対して、臨床実習を一斉に提供することができるため、感染症リスクを避けながら実習を行うことが可能だ。また、講師は受講者の視線を誘導したり、注目してほしいポイントを示すといったこともできる。

本教材の監修者である東京医科大学 阿部幸恵教授は、VRを用いたシミュレーション教育について、人・物・場所といった従来の障壁を乗り越え、次世代型の学習を可能にするものだと期待を寄せている。なお、株式会社ジョリーグッドでは現在、実証研究を共同で行う病院・医科大学・医療機器メーカーを募集中だ。

【VRシステムサイト】オペクラウドVR

広告 

PAGE TOP