【日本】オンライン化をサポートする

MoodleWorkplace

【日本】レッスンのオンライン化を可能にする学習管理システム

◆日本の株式会社イーラーニングは、スクール・教室の運営者を対象に、レッスンのオンライン化に最適なLMSの販売を開始した。本システムを提供することで、これまでオンラインレッスンの実施に踏み切れなかった教室を支援していく。◆

株式会社イーラーニングが今回提供するのは、世界標準LMSをベースとしたeラーニングプラットフォーム “Moodle Workplace” を利用して、スクールや教室がレッスンをオンライン化できるようにした学習管理システムだ。本システムを利用することで、双方向かつ高品質なオンラインレッスンを実施できるようになる。

なお、本システムは複数のWeb会議システムの利用に対応しているため、学習塾や英会話教室だけでなく、ダンスやフィットネスなど、様々な分野での活用が可能だ。さらには、対面レッスンとの併用もできるほか、確認テストやオンライン採点などもできるようになっている。

また、本システムは、教室ごとの分散管理・進捗管理の自動化機能も搭載しており、教室運営におけるコスト削減にも貢献してくれる。同社は、これまで培った専門知識とノウハウを活かして、教室の全面的な支援を行っていくとしている。

【企業サイト】株式会社イーラーニング

 
 

CareerTalk

【日本】チャットツールで大学の就職支援をDX化

◆日本の株式会社Channel Corporationは、株式会社岡崎人事コンサルタントと連携し、大学向けにカスタマーサクセスチャット “チャネルトーク” の提供を開始した。これにより、大学はチャットツールを用いて、効率的な就職支援を行えるようになる。◆

“チャネルトーク” は、顧客の機能活用やリピート購入を誘導するための、積極的なカスタマーサポートを実現できるコミュニケーションツールだ。両社は今回、本ツールを大学向けに提供することで、コロナ禍における就職支援のDX化を推進していくことを発表した。

実際の運用では、学生の定型的な質問に対してはbot機能で回答しつつ、具体的な相談がしたい学生にはキャリアカウンセラーが直接カウンセリングを行う。また、本ツールには自動翻訳機能も備わっているため、留学生向けの就職支援もチャットを通じてスムーズに進めていくことが可能だ。

なお、本ツールは既に東京女子大学などで活用されており、学生の利用満足度は5段階評価で4.7を達成しているとのこと。両社は今後も、チャットカウンセリングの導入・運営によって培ったノウハウを活かし、大学の就職相談のDX化支援を強化していくとしている。

【サービスサイト】チャネルトーク

 
 

gbsjpn

【日本】オンラインで対人関係スキルを学ぶ教育ツール

◆日本のグローバル・ビズ・サポート株式会社は、対人関係スキルを学べるオンライン教育ツール “WEB版コミュニケーションカード” の提供を開始した。本ツールの導入で、自分のことを話すのが苦手な人でも、楽しくコミュニケーション研修に参加できるようになる。◆

“WEB版コミュニケーションカード” は、コミュニケーション研修、チーム・ビルディング研修、リーダーシップ研修など、良好な人間関係を築くための様々な研修で活用できる、カード形式のオンライン教育ツールだ。本ツールは、日本語に加えて英語にも対応しているため、国内だけでなく全世界でコミュニケーション研修を実施することが可能となっている。

研修の際には、52枚のコミュニケーションカードを使用して、自己理解・他者理解・相互理解へと進んでいく。自分の行動の特徴を知ることから始めて、他者の行動の特徴を理解した時に、自分には無い他者の強みや、他者への効果的な対応の仕方がわかるようになり、やがては組織における人材の多様化へとつながっていく。

グローバル・ビズ・サポート株式会社は、企業・官公庁・自治体向けの研修や、コンサルティングを手掛けている企業だ。同社では、実際のカードを用いてオンラインと同様の研修を行える “コミュニケーションカード” も提供している。

【企業サイト】グローバル・ビズ・サポート株式会社

広告 

PAGE TOP