【日本・アメリカ】オンラインで教育機関をサポートする

wevideo

【アメリカ】遠隔教育でも協働で動画編集授業

◆アメリカのWeVideo社は、教育機関を対象とする動画編集プラットフォーム “WeVideo for Schools” において、複数のユーザーが協働作業によって、同じ一つの動画をリアルタイムに編集することが可能になる、新機能の追加を発表した。アカウントがあれば、管理者はこの機能をすぐに利用できる。◆

“WeVideo for Schools” によって、児童や生徒が、同じ動画を共有して互いの考え方を理解し合い連携しながら、複雑な課題に取り組むといった授業の進め方が考えられる。COVID-19のパンデミックによって、登校できずに遠隔学習をしている生徒もいれば、学校でクラスに出席して対面学習を受ける生徒もいる上に、遠隔学習と対面学習を組み合わせたブレンディッドラーニングも進んでいる。 “WeVideo for Schools” は、どのような場合・組み合わせにも導入できる。

使用例としては、生徒がグループでビデオレポート、複数の教員でトレーニングビデオ、会議用ビデオをプロジェクトでなど、生徒同士、教員同士、生徒と教員など、いつでも簡単に制作、編集、共有できる。プロジェクトベースの学習の一環として、チームワークや協働学習のスキル構築にも使える。

WeVideo社のプラットフォームでは、企業のビジネスユース、教育機関での学習用、様々な個人利用など、すでに3000万以上のユーザーアカウントが取得されている。学校、職場、自宅、外出先など、場所を選ばす様々な端末からアクセスして利用されている。

【サービスサイト】WeVideo Education

 
 

agent-network

【日本】学校行事の映像を保護者に配信するオンラインサービス

◆日本の株式会社エージェントは、学校行事の様子を保護者に映像で届ける、新たなオンライン配信サービスを提供開始した。本サービスの提供で、学校行事という子供の成長をリアルタイムで見ることができる機会を維持し、コロナ禍における家庭の思い出づくりを支援する。◆

株式会社エージェントが提供するオンライン配信サービスは、入学式や修学旅行、授業参観など、様々な学校行事の様子を保護者向けに配信するものだ。本サービスを利用することにより、自宅にいながら子供の学校行事を見守れるようになるとともに、プロが撮影した高品質な映像を手元に残すこともできるようになる。

なお、本サービスは学校だけでなく、幼稚園や保育園にも対応しているほか、企業の内定式での利用なども受け付けているという。また、配信先についても、保護者の家庭に加えて、遠方に住んでいる親戚でも視聴ができるようになっており、スマホかPCさえあれば手軽に利用することが可能だ。

本サービスでは他にも、録画データの提供や、映像編集、オリジナル配信サイトの制作などにも対応している。株式会社エージェントは、テック領域でのアウトソーシングや、人材派遣、キャリア事業などを手掛けている企業。

【企業サイト】株式会社エージェント

 
 

YRK

【日本】学生集客をトータルで支援するオンラインイベントツール

◆日本の株式会社 YRK andは、学生集客をオンライン化するプラットフォーム “デジ展 for SCHOOL” をリリースした。同社では既に、ビジネス向けのプラットフォームとして “デジ展” の提供を行っており、コロナ禍における新たな集客方法として広く活用されている。◆

“デジ展 for SCHOOL” は、オープンキャンパスや学校説明会、学生の囲い込みなどを全てオンラインで実現できる学生集客プラットフォームだ。本プラットフォームを利用すれば、リアルイベントを必要とせずに学生集客を行えるようになる。準備・実施もリモートワークであり、設営費用などのコスト削減につなげることもできる。

さらに、オンラインであるこことから、来場者の学生データを分析する、入試広報活動を可視化する、効率化につながるなどのメリットもある。また、イベント参加の際には、参加者はLINEを通じて登録を行うため、イベント実施後も広報活動に活かすことができる。

本プラットフォームは、担当者にも参加者にもシンプルなUIで使いやすい。イベント実施後には、保護者向けの入学説明会や、学内でのリクルーティングツールとしてそのまま使うことも可能。また、学校案内カタログや入学案内ツールなどの発注・管理にも対応している。

【サービスサイト】デジ展 for SCHOOL

 
 

Springin

【日本】プログラミング授業支援クラウドが無料に

◆日本の株式会社しくみデザインは、教育機関向けのプログラミング授業支援クラウドサービス “Springin’ Classroom” を提供開始した。本サービスの提供により、小学校、学習塾、パソコン教室などを支援し、日本のモノづくり産業への貢献を目指す。◆

“Springin’ Classroom” は、教える側にプログラミングの知識や経験が無くても、すぐにプログラミング授業を始めることができるクラウドサービスだ。本サービスは、iOS(10.0以降)対応であり、学習アプリの公式カリキュラムや、小学校での授業指導案が用意されているほか、タブレット端末の一元管理なども可能となっている。

また、本サービスで提供されるプログラミングアプリ “Springin’” は、文字を使わないビジュアルプログラミングを採用しているため、読み書きができない低年齢の子供でも学習を進めることができる。さらには、絵や写真を用いて音や動きを付けるなど作品づくりを通じて、プログラミングの基礎だけでなく創造的思考を育むことも可能だ。

現在、“Springin’ Classroom” では無料トライアルを実施しており、2021年10月末までであれば無料で授業や講座を開くことができる。なおトライアル中であっても商用利用が可能なほか、利用者向けの各種サポートも行っているとのこと。

【サービスサイト】Springin’ Classroom

広告 

PAGE TOP