【日本】建設会社でVRを活用したインターンシップが始まる

日本の株式会社アルファコードは、自社のVR配信プラットフォーム “Blinky Live” が、清水建設株式会社に導入されたことを発表した。これにより、建築・土木部門のオンラインセミナーやインターンシップが、VRによって行われることになる。

人材育成
alphacode

“Blinky Live” は、様々なVRライブを手軽に配信・視聴することができるプラットフォームだ。今回、本プラットフォームが清水建設株式会社のインターンシップに採用されたことで、学生は興味のある場所を自由に確認したり、その場で担当者に質問をしたりと、まるで現場見学をしているような感覚で参加できるようになった。

実際に、このインターンVRセミナーを体験してみた学生からは、「コロナ禍にも関わらず現場の臨場感を味わうことができた」「通常の見学では見られないクレーンの解体作業などを見ることができた」といった、好意的な評価が9割以上を占めていたという。さらには、参加者の上限も存在しないため、インターンシップの受入人数を飛躍的に拡大させることにもつながっている。

なお、“Blinky Live” は、VR用ヘッドマウントディスプレイだけでなく、一般のスマホでも参加することが可能だ。株式会社アルファコードは、今回の取り組みについて、コロナ禍における採用活動だけでなく、顧客への施設案内や工場見学など、様々な活用が見込まれている。

【ソリューションサイト】ソリューション VR

広告 

PAGE TOP