【日本】オンラインで就職活動をサポート

Saola

【日本】オンライン日本語教育で外国ルーツの高校生をキャリア支援

◆日本の株式会社Saolaは、認定特定非営利活動法人カタリバと業務提携し、外国ルーツの高校生向けに日本語教育を提供していくことを発表した。この業務提携の背景にあるのは、日本語指導を必要としている外国ルーツの子供の増加だ。◆

株式会社Saolaは、国内外の日本語教育機関を対象に、日本語学習サービスをオールインワンで提供している企業だ。同社は今回、キャリア学習や被災地支援に取り組む同法人と業務提携することにより、オンライン上で日本語教育を提供しつつ、キャリア支援として就職活動のサポートも行っていく。

今回の業務提携の目的は、外国ルーツの生徒たちが、出会いや情報量の差によって挑戦の機会を失わないための、整備されたプラットフォームを提供することだ。両者はこれまでにも、外国ルーツの高校生向けに出張型授業や情報提供を行ってきたが、今回新たに株式会社Saolaのプラットフォームを導入することにより、学習者の進捗管理を可能にし、進学のための日本語検定試験合格などの目標に向けた、学習伴走支援もできるようになった。

両者は、国内における日本語指導の現状について、外国ルーツの子供への支援と、一般の理解がまだ十分に得られていないと警鐘を鳴らしている。そこで、業務提携を行うことにより、言葉や生育環境に左右されない学びの機会を提供し、意欲と創造性を育める場づくりに貢献していくとのこと。

【企業サイト】株式会社Saola

 
 

mentee

【日本】女性による女性のための就活支援サービス

◆日本のキャリア美人株式会社は、女性による次世代女子育成プラットフォーム “mentee” の正式リリースを発表した。同社は、就活に不安を感じている女子学生が急増していることを受けて、未来を見据えたキャリア教育を提供するべく本サービスをスタートさせたという。◆

“mentee” は、就活対策に加えて、社会人としての市場価値を引き上げるプログラムの提供も行う、女性特化型の育成プラットフォームだ。本サービスを利用することにより、就活から入社後まで、それぞれの時期に必要となる知識を習得することができるようになる。

なお、本サービスで提供される講座は、同社によるキャリア教育だけでなく、外部の社会人女性によるオリジナル講座も幅広く用意されている。また、本サービスでは各種講座の他にも、企業からのスカウトが受けられるmenteeスカウトや、女性活躍企業と接することができるmenteeイベントなども利用することが可能だ。

今後、“mentee” では、LINEを通じたリアルタイムなキャリア支援や、女子学生とメンターとのマッチングシステムなどの導入も行い、多角的なサービス拡充を目指していくとのこと。加えて、メンターの質や人数についても、さらなる強化を行っていくとしている。

【サービスサイト】女子学生のための就活アカデミー mentee

 
 

IXII PORT

【日本】人と企業のつながりを重視したオンライン採用コミュニティ

◆日本の株式会社plan-Aは、企業と求職者のつながりを重視したオンラインコミュニティ “IXII PORT” を公開した。本コミュニティの発足は、横浜市のイノベーション人材交流促進事業において、同社への応募者68名が参画してスタートさせたのが発端である。◆

“IXII PORT” は、Facebookを中心に、仕事の依頼や相談、情報収集などを行えるオンラインコミュニティだ。本コミュニティは、対等かつ長期的な関係の構築を重視しており、「採用する側」と「採用される側」の新たなつながり方を模索する取り組みとなっている。

実際に本コミュニティに参加した人からは、「業種・業界問わずに交流ができる」「ビジネスだけでなく自分の興味や関心ごとについても気軽に話せる」といった好意的な感想が寄せられている。そして、今後さらに交流が活発化していけば、新たな出会いや自己発見につながるだけでなく、各分野での化学反応も期待できるという。

株式会社plan-Aは、組織や業種を越えた領域横断的イノベーションの創出に取り組んでいる企業だ。同社は、コロナ禍の人材活用現場における、「採用する側」と「採用される側」の新たな関係性の構築に、今後注目が集まっていくだろうと推測している。

【企業サイト】株式会社plan-A

広告 

PAGE TOP