【アメリカ】聴覚障害者主導の研究を促進するグローバルネットワーク

アメリカのギャローデット大学は、手話に関わる最新テクノロジーの発展のために、手話研究の関係者同士の交流を強化する世界規模のネットワーク、“Cultivating Research and Equity in Sign-related Technology”(CREST)を立ち上げた。全米科学財団から資金提供を受け、聴覚障害を持つ学生や研究者の参加を呼びかけている。

調査研究
CREST

“CREST” は、手話研究においては自らも聴覚障害を持つ研究者が多く、そうした研究者をはじめとして聴覚障害者及び難聴者が、手話関連のテクノロジー開発に参加することを、ネットワークの目標の一つとしている。ネットワークは、聴覚に障害を持つ人々とのつながりを、聴覚についての研究者に提供していく。

手話テクノロジーとして、手話の機械翻訳、手話学習、VRやARを活用した手話コミュニケーション、手話を使うアバター、ジェスチャーの認識、機械学習、ウェアラブルセンサーなどの開発が含まれている。ネットワークによって、様々な国で進んでいる、アカデミックな研究や、IT分野の新しい企業による技術開などを統合し検証していきたいと考えている。

ギャローデット大学は、聴覚/視聴覚障害者を対象としてアメリカ手話と英語を組み合わせて教育を行っている。40以上の専攻からなる学部教育に加え、充実した修士、博士教育を実施する。また、脳撮像、神経科学、教育、言語学、心理学などの分野で、優れた研究活動を行っている。

【ネットワークサイト】CREST

広告 

PAGE TOP