【日本】オンライン授業にも使えるVRプログラミング

日本の株式会社レベルエンターは、ブラウザでVRプログラミングができる学習サービス “BLOCKVROCK” を提供している。同社は今回、本サービスの基本操作や利用方法を学べる、公式マニュアル “BLOCKVROCK入門編テキスト” を販売開始した。

ウェブサービス
BLOCK VROCK

“BLOCKVROCK” は、プログラミングによるVR構築を通じて、子供の学習意欲を引き出すプログラミング学習サービスだ。本サービスを利用することで、VR空間で物体を作り出したり動かしたりしながら、簡単にプログラミングを始めることができるようになる。

本サービスはオンライン上で完結しているため、コロナ禍におけるプログラミングスクールのオンライン授業にも利用可能だ。他にも、複数デバイスに対応していたり、物理的なトラブルの心配が無いなど、ブラウザ環境ならではの様々な利点を備えたサービスとなっている。

なお、プログラミング言語については、第1ステップでは初心者向けのScratchを、第2ステップではより高度なJavaScriptが採用されている。株式会社レベルエンターは、プログラミング教育の他に、IT研修やテキスト開発などを手掛けている企業。

【テキストサイト】BLOCKVROCK 入門編テキスト

広告 

PAGE TOP