【インド】eラーニングにおけるVR市場予測2020年~2025年

インドのAdvance Market Analytics社は、新型コロナウイル感染症の影響も含めた、eラーニングにおけるバーチャルリアリティ市場予測 “Global E-Learning Virtual Reality Market Research Report 2020 (Covid-19 Version)” レポートを発表した。レポートは、調査分析から同市場の2020年~2025年までの着実な成長を予測している。

調査研究
AMA

“Global E-Learning Virtual Reality Market Research Report 2020” は、COVID19のパンデミックによってオンライン学習や企業社員教育へのVR採用が増加し、予測期間においてVRに対する需要を高めて、教育機関でも企業でも、技術的な進歩によって市場は大きく成長すると予測している。デジタル化が進めばバーチャルクラスルームが現実のものとなっていくと考えられている。

同レポートは、市場について、利用デバイス、ソフトウェア種別、VR研修かeラーニングでの利用か、ゲームか、シミュレーションかなどサービス別、教育関係か企業研修か、地域や国などで、市場をセグメント化して、市場規模、市場の将来性、競争環境などをまとめる。主要企業としては、アメリカのEon Reality Inc 、Zspace, Inc.、Google Inc.など、アイルランドのImmersive Vr Education、フィンランドのThing linkなどが紹介されている。教育機関や教育事業者とハードウェア企業、ソフトウェア企業とのコラボレーションが、今後の市場成長につながると分析する。

Advance Market Analytics社は、国際的な市場調査企業。競合他社のプロファイリング、サプライチェーン最適化、企業の合併買収などまで、顧客企業のビジネスニーズに適したデータを提供する。

【レポートサイト】Global E-Learning Virtual Reality

広告 

PAGE TOP