【日本】AI型アダプティブラーニング教材が5教科に対応

日本の株式会社COMPASSは、日本の小中高等学校を対象に、AI型教材 “Qubena” の5教科対応版を提供することを発表した。GIGAスクール構想の実現に向けて提供されるこの新教材は、2021年4月より提供開始される予定。

教材/アプリ
Qubena

“Qubena” は、児童や生徒の間違いをAIによって解析し、一人ひとりの習熟度に対して最適化された出題を行うアダプティブラーニング教材だ。本教材はこれまで、算数・数学・英語にのみ対応していたが、今回発表された5教科対応版では、新たに国語・理科・社会の学習にも活用できるようになっている。

また、本教材は手書き機能も搭載しているため、筆記問題や作図・グラフ作成などの採点も可能だ。これにより生徒は、まるでノートを使って学習しているような、直感的な操作を通じたストレスの無い学習を進められる。そして、先生は本教材を利用して生徒の詳しい学習データを把握することで、授業づくりや学習指導・成績評価に活かすこともできるようになる。

株式会社COMPASSは、学習コンテンツの制作・配信や、学習塾の運営を手掛けている企業だ。AI型教材Qubenaは、個人向け・法人向けの両サービスを提供している。同社は、今後も、全ての子供に公正に個別最適化された教育を届ける企業として、ICT教育の普及に貢献していくとしている。

【サービスサイト】Qubena

広告 

PAGE TOP