【日本】大学入試で在宅受験システムの導入へ

日本の株式会社旺文社は、株式会社EduLabのオンライン試験監督システム “Check Point Z” を、大学向けにサービス展開することを発表した。現在、一部の大学では既に本システムの導入を進めており、早ければ本年度の入試で活用されるという。

デジタル
Edulab

“Check Point Z” は、AIを活用して試験中の監視を行うことで、場所を問わない試験の実施を可能にするオンライン試験監督システムだ。本システムを利用することにより、一つの場所に受験者を集合させる必要が無くなるほか、地方試験会場へのスタッフ派遣も減らせるようになることから、既に資格試験での導入が進められている。

また、現在は大学受験においても、ウィルス感染リスクへの対応や、地方受験者の長距離移動に伴う負担などが大きな課題となっている。そこで同社は、本システムを大学向けに提供することにより、万が一の事態にも受験が可能になるよう、在宅受験をセキュアに行える環境を実現した。

なお、本システムは、筆記型・面接型・パソコン試験など、あらゆる試験形式に対応しており、入試だけでなく学校の定期試験でも活用可能とのこと。さらに同社では、入試で本システムを利用しなかった場合に、料金の請求を行わない特別プランも用意してあるという。

【企業サイト】株式会社旺文社

広告 

PAGE TOP