【日本】個別メンタリングとデータ活用で学習を習慣化

日本の株式会社WizWeは、法人向け学習習慣化プラットフォーム “Smart Habit Enterprise” の本格運用開始を発表した。本サービスを利用することで、1日1時間の学習習慣を身に付けながら、目標達成までのサポートを受けられるようになる。

ウェブサービス
SmartHabit

“Smart Habit Enterprise” は、人が学習を最後までやり抜く仕組みを、個別メンタリングによって実現したサービスだ。本サービスでは、個人メンターが学習者と最後まで伴走してくれるほか、専門チームが学習管理も行ってくれるため、低コストで学習目標を達成することが可能となっている。

また、メンタリングにおいては、学習者のデータを分析・活用することで、学習者に合わせた最適なフォローアップを実現している。分析するデータは、学習状況や頻度、効果測定など、全ての学習ログを対象としており、この分析結果は教育担当者にもフィードバックされる。

株式会社WizWeは、Smart Habit事業や、語学を中心とした法人向け研修事業を手掛けている企業だ。同社は今後も、人の目標達成を習慣化で支援する仕組みを磨き抜き、圧倒的な低コストでサービス提供していくとしている。

【企業サイト】株式会社WizWe

広告 

PAGE TOP