【アメリカ】エデュケーションゲーム市場は急成長

アメリカのMetaari社は、ゲームベースド・ラーニング(GBL)アメリカ市場についての265頁からなるレポート “The 2020-2025 US Game-based Learning Market” を発表。最大の市場であるアメリカのGBLを牽引する8要因、GBLに対するニーズ分析、サプライサイド分析という3部構成からなるレポートである。

調査研究
GBL

“The 2020-2025 US Game-based Learning Market” によると、この期間のアメリカのGBL成長率は29.2%で、収益は3倍以上となる75憶ドルに達する。特に、エンターテイメントを追求するのではなく教育や医療など社会問題の解決を目的とするシリアスゲームに対する企業ニーズが高まり、成長率は44.4%、収益は40憶ドル超となり、GBL市場全体の54%に上ることが予想されている。

求人応募者を選抜するための評価ゲームをはじめ、ビジネスシミュレーションとしてのゲーム性、サイバーセキュリティゲームなどに対する企業ニーズが、市場の収益を上げていく。企業ニーズに次いで、技術的にはVR活用、早期幼児教育や認知学習が目的のゲーム学習のニーズが高まり、収益につながると考えられる。

Metaari社は、教育分野でのテクノロジー分野を専門とするしたマーケットリサーチ企業。現在126か国で、人工知能、仮想現実、拡張現実などをはじめとするエドテック市場について定量的な調査を行い、レポートを発表している。

【レポート販売サイト】Metaari Advanced Learning Technology Research

広告 

PAGE TOP