【日本】世界的人気のプログラミング教材を日本の授業向けに強化

日本の株式会社ティーファブワークスは、世界で500万台を突破したプログラミング教材 “micro:bit” を、日本の授業で活用するためのメインボード “TFW-S-M1” を販売開始した。本製品を利用することで、通常の教科の中でもプログラミング教育を簡単に実施できるようになる。

教材/アプリ
TFabWorks

“TFW-S-M1” は、スムーズな授業展開と、生徒の感動体験をサポートする、学校での利用を対象とするmicro:bit用メインボードだ。本製品は、Windows・Chromebook・iPadなど様々な環境で利用できるため、小中学生の一人一台端末を目指すGIGAスクールにおいても、活用しやすいものとなっている。

ボードの仕様については、人感・温度・湿度・気圧に対応する各種センサーのほか、フルカラーLEDやスピーカーなど、様々な機能が搭載されているのが特徴だ。これにより、小中学校の理科・社会・家庭科、そして高校の物理・数学など、様々な授業で活用することができる。

なお、本製品は単4電池一本で動作するため、生徒は自分で作った作品を外に持ち出したり、長時間展示しておくといったことも可能だ。また、同社では、本製品を試してみたいという学校関係者向けに無料レンタルも行っている。

【教材サイト】micro:bit情報

広告 

PAGE TOP