【KEYWORD】オンライン授業・研修にオリジナル教材

新型コロナウイルスの影響により、eラーニングの需要は急増しているが、中には既存の学習コンテンツだけでは対応できないケースもある。例えば、学校がオンライン授業を実施する際には、これまで使ってきた教材をそのまま利用したい、企業でも細かいニーズを満たす、現場目線での教育が求められるなどである。そんな時は、自らオリジナルの教材を作成すれば、オンライン学習へのスムーズな移行や、組織内でのノウハウ共有を効果的に行えるようになる。

従業員が自らコンテンツを配信する

株式会社Jストリームが提供する “J-Stream Equipmedia” は、eラーニングで使用する動画マニュアルを手軽に配信できる動画配信プラットフォームだ。なお、動画の作成についても、eラーニングサービス “J-Stream ミテシル” を利用することで、スマホで簡単に行えるようになっている。また、Easygenerator社でも、従業員発信型のeラーニングを開発しており、こちらはアメリカの専門誌が主催するアワードにて、優秀賞を受賞している。

オンライン授業や自宅学習支援を手軽に実現

株式会社ビクパソネットが提供するのは、オンライン授業の教材・資料を簡単に作成できるソフト “フリップPDF” だ。同製品を利用すれば、教材の電子化を手軽に行えるだけでなく、目的のページを簡単に探し出せるなど、デジタルならではの利便性も実現できるようになる。また、株式会社ビーガルのデジタルブック制作・配信サービス “Wisebook Cloud” では、レクチャー動画の添付機能なども用意されており、生徒の効果的な自宅学習を支援できるようになっている。

オリジナル教材で高度な専門分野にも対応

医療分野でも、eラーニングの導入は行われているが、専門性が高く、情報の更新が必要とされることから、既存の学習コンテンツでは対応しきれないという課題があった。そこで、一般社団法人S-QUE研究会では、医療・看護専門のIT教育プラットフォーム “S-QUE eラーニングカスタマイズ” を提供することで、オリジナル教材の自由な配信を可能にしつつ、コンテンツの更新・配布が容易に行える環境を実現している。

KEYWORD 一覧

広告 

PAGE TOP