【KEYWORD】UX(ユーザーエクスペリエンス)を追求する

現在、多くの教育機関や家庭が、デジタル・オンラインを活用した教育に強い関心を持っているが、そうした教育サービスの利用をためらう人も少なくない。特に、使いやすさという点が、学校側だけでなく生徒にとっても大きな懸念となっていると考えられる。そうした中で、UIやユーザビリティを追求することにより、着実に評価を高めているサービスも存在する。

UIを最適化して使いやすさを向上

株式会社タカヤコミュニケーションズが提供する “MagicViewer” は、教科書・教材・カタログをデジタル教材として利用できるようにするツールだ。同ツールは、ボタンのカスタマイズや、書き込み・付箋機能など、使いやすさを高めるための様々な機能が用意されている。また、PEAR Sports社のトレーニング指導サービス “PEAR Pro Trainer” では、ドラッグ&ドロップで使えるシンプルなUIだけでなく、運動中の音楽再生をはじめ、トレーナーと顧客の双方にとって有用な機能を多数搭載している。

AR・VRの利点を活かした化学教育

MEL Science社は、化学教育用アプリケーション “Chemistry” を提供することにより、AR・VR空間でのインタラクティブな化学学習を、世界中で受講することを可能にしている。同アプリでは、周期表や気体の法則などの化学概念をわかりやすく視覚化したり、まるで分子の中に入っているような疑似体験を与えることで、化学に対する興味を育むことができるようになっている。

プログラミング教育でも親しみやすさが焦点に

LEGO社が実施した調査によると、日本の教員はプログラミング教育について、実用的な能力を育てることではなく、楽しく取り組めることを最も重視しているという。実際に、児童向けプログラミング教育は、親しみやすさやシンプルさにこだわったものが多い。例えば、コードキャンプ株式会社の “CodeCampKIDS Online” をはじめ、多くのオンラインスクールでは、子供向けの学習環境 “Scratch” を採用しており、ゲーム感覚で手軽にプログラミングを学べるようになっている。

KEYWORD 一覧

広告 

PAGE TOP