【日本】自宅トレーニングの成果を音楽で採点

日本の順天堂大学は、立命館大学、東京藝術大学と共同で、運動を点数や音楽表現に変換するWebアプリ “Biosignal Art” を発表した。本アプリは、新型コロナウイルスの影響で運動不足に陥っている人のために、1ヶ月という短期間で開発が行われたという。

教材/アプリ
BiosignalArt

“Biosignal Art” は、運動やトレーニングの動作・ポイントを分析し、その成果を点数・音楽として表現するWebアプリだ。本アプリでは、トレーニングの指示も出してくれるため、利用者は自宅で手軽に運動を行いつつ、フォームの改善などを実現できるようになる。

また、現在のバージョンでは、対応しているトレーニングはスクワットのみだが、今後は運動・音楽の両方のバリエーションを増やしていく予定となっている。さらには、ダンスなどの多彩な身体表現も取り入れながら、楽しく継続可能なコンテンツを拡充させていくという。また、イメージムービーの追加など、アプリ全体のバージョンアップが予定されている。

立命館大学は運動解析技術開発、順天堂大学は運動監修、東京藝術大学は音楽監修と、それぞれの特長を活かして開発にあたっている。そして三大学は今後も、本技術を利用した商品やサービスの開発、事業の展開などを通して、社会実装を目指していくとしている。

【アプリサイト】Biosignal Art

広告 

PAGE TOP